ブログ

〜広島の旅〜 イ方古堂 編(2006年08月10日)

筆の里工房で筆作りの体験をした後「イ方古堂」という筆を製造しているお店に行きました。
製造といっても、一本一本手作りです。

実は前日に裏打ちをした時にお世話になった東洋額装の社長さんがイ方古堂を紹介してくれました。
関東では取り扱っているお店が少ないらしく、私もその時初めてお店のことを知りました。

お店へは筆の里工房から近かったのでタクシーでお店へ行きました。
お店に入り「東洋額装の社長さんから紹介していただき、来ました」と店員さんに伝えると、突然の訪問にもかかわらず筆を作っている現場を案内してくれました。
実際に筆を作っているところを見学させていただけるなんて思ってもいなかったのでとても勉強になりました。
また、お店には彫士(漢字はこれでいいのかな)と呼ぶ人がいて、筆の軸にxx筆などと刻まれているあの文字を彫る仕事をしています。目の前で、滅多に見ることのできない彫るところも見せてくれました。
と同時に凄く感動しました。本当に凄いんです!
鮮やかな手つきから筆が作られて、流れる様に文字は彫られていく…
その様子を見ているだけでうっとりしてしまいました(≧▽≦)

最後に筆を購入して名前も入れていただきました!

私のような若造のために時間を割いていただき、かつ丁寧に説明していただき本当にうれしかったです。
この場を借りて改めて御礼を申し上げます。
イ方古堂の皆様、お忙しい中本当にありがとうございましたm(_ _)m

写真は、購入した筆、彫ってもらった名前です。

Comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Trackback

このエントリーのトラックバックURL