ブログ

揮毫をしてきました(2008年04月28日)

今日、大学病院で揮毫をしてきました。

大嘘です( ̄▽ ̄メ)

4月1日でもないのにごめんなさい。笑


昨年の10月の献血以降震えが発生していた腕の検査と、実際に筆で
字を書いているところを見てみたいという医師の希望で、今日は病院で
字を書いてきました。

最近は震えが発生するのは小筆で書いているときだけなので、小筆と
その他もろもろ一式を持っていきました。
実際に書いているところをビデオで撮影し、書いた字を見せながら震え
気味の箇所を説明したりして。

結果は素人目には判断がつきにくいということで、ギブアップでした。

腕の経過は献血直後よりは状態は改善していて、だた違和感とかが抜け
なくて完治はしていないなというのが自分では分かる。そんな感じです。

普通に生活をする分には問題はなくなりましたが
書道をやる腕としては非常に問題なわけです。

当初より状況が良くなっているという今は良いのですが、この先いつかまた
何かあったときに困るのは自分なので、今回色々と検査をしたり理学療法を
試してみたりしてました。


愚痴になりますが…

赤十字の対応の遅さや説明不足や

検査のために浴びなくてもいい放射線をな何度も浴びたり
本当なら飲まなくてもいい薬を飲んだり

面倒くさそうに対応をする医師がいたり(私の主観ですが)

ボランティアで献血したとはいえ、何でこっちが嫌な思いを
すことになるのだと何度も思いました。

でも、

被害者という立場で意見を言ってくれる医師がいて
複雑な状況に嫌な顔ひとつせず、話を聞いてくれる医師もいて

友人や知り合いの医師も色々とアドバイスをくれ
事態を重く見た会社も間に入ってくれました。

今日の検査の後、医師から症状と状況のの詳しい説明があり、現状で
ある程度回復していることと、年齢的な部分を考慮すると理学療法は
せずにこのまま経過(様子)見ていったほうがよいということでした。

覚悟はしていたので、さほど辛くはなかったのですが、色々な意味で

終わったか

と思った瞬間でした。

結局最後は自分次第のようです。
今後は定期的に経過を見せに病院に通う予定です。

今日で一区切り。

長かった。
本当、色々疲れました。

ひきこもり(2008年04月27日)

土、日と自分の部屋でのんびりしていました。

あ、半紙は買いに行ったけれど。

2週間以上前にひいた風邪がどうも長引いていて咳がでます。
普段風邪をひいたときは咳なんてでないのに…

でも、毎日展の作品制作をしなければならなかったので、のんびりするには
ちょうどいい理由かなと思って、土日昼間はだらだらして夜は作品制作という感じで。

ただ、住んでいるのが寮のため結構気を使います。

基本的に筆は水で洗うのですが、水で洗うと、共同で使用している洗面台が
真っ黒になって落ちなくなってしまうので、最後はお湯で洗面台をキレイにするのですが、
お湯が出るのは夕方から夜の間だけなので、必然と作品制作は夜になります。

とそんな書く部分以外でのドラマがあったり。笑

なんてつぶやきでした。

時間が足りないくらいがちょうどいい(2008年04月24日)

愚痴ではなくて。

普段はコンピュータ関係の仕事をしていて、最近仕事が忙しいのだが
何とかできるだけ早く仕事を切り上げては帰宅し、書に更ける日々。

なんか、他に何かをする時間がないじゃないか。

なんて文句も言いたくなるけど、自分でやっていることだしね。
時間の使い方が下手だなぁと思います。


でも、いくつものことを同時にできるほど起用ではないし、
要領よくということが苦手なので、どうしても一つのことに没頭しがち。


手は抜けない性格です(^-^;

もうすぐ毎日展締め切り(2008年04月23日)

日書院展が終わり次は毎日展の締め切りへ向け作品制作の毎晩です。

うちは日書院展と同じ内容のものを出品してもOKとなっていて、
技術の乏しい私は(苦笑)日書院展と同じ内容で出品している。

ただし、師の指導は書く字は同じでも雰囲気ががらりと変わるので、
対応に追われる反面、悩みながら書いている時間が楽しかったりする。


私のこういう雰囲気で書きたいという要望をいつも聞いてくれ、
手本という形で応えてくれる技術と指導力は本当にありがたい。

早く師に恩返しがしたいですな。

あ、この締め切りが迫ってきている時に、風邪をひきました。

心からありがとう(2008年04月21日)

今日は書とは離れた話題を。

地元ネタになりますが 、私の住む
千葉にある千葉そごうの からくり時計が
老朽化にともない 2008年4月15日を
もっておしまいになりました><

埼玉から千葉に引っ越してきてから
千葉そごうへはよく買い物に行っているので
何度もこのからくり時計に癒してもらいました。

みなさんも結構子供の頃 、デパートや
その他あちこちでからくり時計を
見てきたのではないでしょうか?

老朽化が理由とのことなので
リニューアルして復活してくれないかなぁ
なんてひそかに期待をしていたりします。

まいにちこつこつ沢山の人の心を癒した
お仕事に感謝の気持ちでいっぱいですo(^-^)o

展覧会終了(2008年04月20日)

今日で日書院展が終わりました。

2週間の会期は長くていいですね。
土日が2回あるのでスケジュールの都合がつけやすいです。

私は現在通っている賞状書きのスクールの友達と昨日土曜日に行ってきました。
一週間前に一人で見に行っているので、今回は案内半分、書トーク半分ですo(^-^)o

スクールの帰りに寄ったので、美術館内のコインロッカーに荷物を預けて観覧です。

受付を済ませると入賞者の目録をいただけます。
気のせいかもしれませんが、毎回受付ではお客様の扱いを受けている気がします。

なぜなら一人で行ったときも日書院のパンフレットをいただいたから。笑
日本書道院の会員と認知してもらえるように、もう少し頑張ろうと思います。

そして、先生方の作品と入賞者の作品と学生展の作品を見て回って帰りました。

土曜日だったので、会場内は老若男女たくさんの人で賑わっていました。
今年は招待券を送って、何人かの方が私の作品を見にわざわざ足を運んで
くださったので、出品してよかったなと思いました。

遠いところお越しくださったみなさま、ありがとうございましたm(_ _)m

来年は今年以上の成績を残せるように頑張りたいと思います♪


日書院展を見に行ってきました(2008年04月11日)

前日の大雨がうそのような快晴になりました。

最近プライベートで出かける日は雨が降らない日が
多いので、晴男かもしれないなんて思っています(笑)


さて、今日は第57回 日書院展を見に行ってきました。

場所は東京都美術館。
上野駅公園口から徒歩5分くらいです。

昨年は佳作でした。

今年は少し進歩(進化?)して推選をいただきました。

表彰式の出欠の確認があるので、先週入賞の通知は
いただいていたのですが、いまいち実感がなくて…(^^;

それで、実際に作品を見てきました。


感想は…


昨年より少しは作品らしくなってきたなと感じました。

今年は招待券を少しばかりですが何人かの人にお渡ししたので
あまり感想を書いてしまうと見に来てくれる方の楽しみが無くなって
しまうので、書かないでおきます〜

なんて言いながらめんどくさいだけだったりwww

来年に向けての課題も見つかったので
また次も頑張ろうと思います。

第57回 日書院展(2008年04月05日)

今年も展覧会の季節がやってきました。

明後日4月6日より東京都美術館で第57回日書院展が開催されます。

<日書院展>
■会期 4月6日(日)〜20日(日)
    9:00〜16:30
■会場 東京都美術館

会場は上野駅公園口から徒歩10分位です。

昨日選考結果の連絡があり、今年は昨年よりよい成績をいただくことになりましたo(^-^)o

今回は腕のこともあって結果は期待していなかったで、正直びっくりです。


表装したものはまだ見ていないので、楽しみです。

私は11〜13日辺りに行く予定です。


会場では「池上晋翔」の作品を探してみてください。

カテゴリー

エントリー

アーカイブ

トラックバック