ブログ

力が抜けない(2008年05月29日)

展覧会に出す賞状を書いている。

自分の中ではリハビリがてらのつもりなのだが
どうも書いているうちにだんだんと普段の展覧会モードに…

全然肩の力が抜けずできばえが良くない。
上手く書こうという気持ちだけが焦って悪い癖も出てしまっている。

××の時に書いたあの点の雰囲気と
○○の課題のあの縦画の調子で

なんて思いながら書いていたら、全体に気がつかず。
木を見て森を見ずといったところだろうか。

改めて写真にしてみると全体的に墨が少な目みたいだ。
もう少し墨量を入れて書いてみようと思う。

おやしらず(2008年05月27日)

前回の診察から約1年。


今日、会社帰りに親知らずを抜いてきました。

事の発端は先週1年ぶりくらいに定期健診にいったところ
相変わらず親知らずの汚れがひどいとのことから。

虫歯ではないのだけれど、汚れがたまった状態のままでいると
将来的に歯肉炎とか歯槽膿漏になってしまう可能性が高くなる
そうで…

抜く抜かないは自由ですよ。とは言われたものの
先の事を考えたら抜いたほうがいいに決まっている。

私は親知らずが4本あるのですが、他の親知らずは無理して
今は抜く必要はないけれど、今回の1本はできれば抜いた方が
いいということでした。

で、抜歯だけは怖くて嫌で。
実は抜歯は今回が初めてではないのです。

小さかった頃、誤って前歯2本の神経が死んでしまって、
とりあえず乳歯だから抜いて経過を見ましょうということで
抜いたのだが、痛いとかそういう次元ではなくて、抜歯の瞬間、
全身身震いするほどの、体中に響き渡る鈍い音。

それがトラウマで歯を抜くのは嫌だった。

が、上に書きましたがそうも言っていられないので、抜きました。


施術は30分もかかりませんでした。

流れは

最初に塗るタイプの麻酔をして、次に注射麻酔。
10分ほど麻酔が効いてくるのを待ち、いざ抜歯。

その抜歯がなんと、5分もかからずに終わりました。
2〜3分で終わったんじゃないかと思うくらい早かった。

また、抜く瞬間は全然痛くありませんでした。

抜くときよりも注射麻酔の時の方が、じわーっと痺れてくる
痛さがあった程度で。

どうやら歯がわり短かったらしく簡単に抜けたそうで
幸い出血もほとんどないので抜いた箇所は縫わないことに
なり さらに、費用は窓口で支払った額が1500円しなくて。

この歯医者さんにしてよかった〜と思いましたo(^-^)o

先生は親切だし、しっかり説明してくれるし。

親知らずはまだ3本あるのですが、横に生えていたり
歯肉の中にあったりと3本とも顔を出していないので
しばらく様子見の方向です。


今日は大人しく休みます。

あっという間に(2008年05月25日)

前回の日記からあっという間に1週間が過ぎてしまった。

この週末は予定が入っていなかったので、色々やることをやろうと
思いつつ日中はだらだらと過ごしてしまいました。

どうも私は何かをやろうとすると別のことが先行してしまいがち…

学生の頃、テスト前に勉強机へ向かうと、どうも机の上の片付けが
始まってしまい、気がつくとテスト勉強はほとんどせず。

な〜んて人は意外と多いのではないでしょうか。笑

5,6月と書道で思った以上に出費があったので、今月は少し節約を
するために外出を少し控えています。

ついでに家計簿も再開しました。
年間の出費と毎月の固定の出費が把握できるだけでも大分違いますね。

腕のこともひと段落したので、引越しのこともまた考えたいので、しっかり貯金をしなくては。


さて、書を書くには少し集中力の欠けるしとしとジメジメの季節がやってきます。
なんとか体調も崩さないように気をつけたいと思います。

賞状技法士 1級試験過去問題集(2008年05月18日)

有限実行…

ということで、過去問題集を購入してきました。

土曜日にスクールに行って、先生に1級の試験を受験しようかと
思っているのですがと相談したところ、基礎的な部分は授業で
やっているので受けても大丈夫とお墨付きをいただきました。

とりあえず、受ける前から無謀な挑戦になることは避けられました(笑)

年1回しかない公開試験なので、受けられるときに受けた方が
よいということで、色々と親切に説明をしてくださいました。

あと半年。

とりあえず、様々な種類のレイアウトのパターンに慣れて、
臨機応変に対応できるようになることから始める予定です。


また時々ご報告しますねo(^-^)o

賞状技法士(2008年05月16日)

明日は賞状のスクールと書道教室。
なんとか宿題と月例の課題を書き上げた。

もうだいぶ経つのだが、GW後ののんびりモードが抜けきらず(笑)
季節の変わり目も手伝ってか、朝起きるのが少ししんどいこの頃。

仕事は今月が終われば一区切り。
なので、どこかゆっくり旅行にでも行きたい。

そうそう、今通っている賞状技法士の学校。

賞状を書くのに資格は要りませんが、最低限見栄えよく書くための
知識はあったほうがいいと思いませんがo(^-^)o

書道をやっている知り合いがこの学校を教えてくれました。
丁寧に指導をしてくれると聞いていましたが、実際私が教わっている
先生は非常に丁寧で的確な添削をしてくれます。

私は土曜日の午前中、月二回、銀座の教室に通っています。

なぜこの学校に通い始めたのかというと。
小筆が大の苦手なため、小筆の練習ができてさらに賞状も書ける
ようになるなんて一石二鳥じゃないかとウキウキで通い始めたもの。

たまには違う環境で教わるのも勉強になると、師も快諾してくれました。

自分で言うのもなんだが、あまりにも小筆がお粗末だったため
通い始めた頃と今では別人の様な字で。

ときどき報告がてら宿題や課題を見せると、すごくうれしそうに書いた
ものを見てくれ、褒めてくれ、それがまた頑張ろうという気になる。

なんとも単純ですが。


ちょうど今年の3月で1年が経ち、無事に3級を取得することが出来た。
この先は、1年かけて2級、準一級と取得していくことになる。

認定資格とはいえ、ちゃんと審査があり目標ができるのでやる気になる。
それで、1級は毎年11月にある公開試験を受験することになる。。

受けたいな今年…(ボソッ)

もちろん合格したい。
ぶっちゃけ今の状態ではかなり無謀だが(汗)

まだ半年あるし、ちょっと考えてみようと思う。
大変かもしれないが、壁は高い方がイイ♪

MOTHER(2008年05月10日)

もうすぐ母の日だ。

というか明日ですねo(^-^)o

最近、色々な母の日ソングが出ているのを知りました。

SEAMOさんの曲は初めて聞いたのですが、歌詞にグッときました。
普段はラップ調の曲などは聞かないので余計新鮮に感じました。

大橋卓弥さんの「ありがとう」という曲もステキでした。

曲を通して感謝の気持ちを伝えられるっていいなぁと。
照れくさくて直接は言いにくいけれど、これならはっきり伝えられますね。

私も書で伝えられるかな…なんて。笑
でも、毎年書というわけにはいきませんなw


昨年から通い始めた賞状書きの学校も1年が過ぎ、ひどかった小筆の扱いに少し慣れてきました。
まだまだ勉強途中のものですが、記念に1枚。

むだい(2008年05月08日)

「一日があっという間に過ぎていく」

小さかった頃、両親が口癖のように言っていたことば。

その言葉は小さかった自分には全然理解ができなくて
不思議で不思議でしょうがなかったのですが、最近
その言葉の意味がやっと理解できました。

仕事をして。
展覧会の作品を書いて。
賞状の学校の課題を書いて。

あっという間に寝る時間。
本当一日が終わるのが一瞬のように感じます。

仕事を除けば、プライベートな時間の予定は自分で決めた
ことなのだが、ついつい忙しいと思ってしまうことがある。

自分で決めた予定なのだから、普通は充実していると感じるはず。
なんともわがままだなぁと思うところ(^^;

きっとこれから年を重ねていくと、今以上に一日が早く
感じられるようになるのだろうな。

提出してきました(2008年05月06日)

5月1日に毎日展の作品を提出して来ました。

提出前日まで書き込んで、これが今の自分の精一杯。

改めて見ると手の動きがあまり良くないように思えます。
それはまた来年の課題として。

ひとまず無事に提出できたことと
指導してくださった師に感謝の気持ちでいっぱいです。

提出が終わると先日開催された日書院展の賞状と副賞を
師からいただきました。

今年は推薦をいただいたので表彰式は出たかったのですが
仕事と重なってしまったので欠席しました。

写真は副賞の印泥(いんでい)です。
副賞は毎回色々と変わるので、頑張ったごl褒美としての
楽しみのひとつo(^-^)o

もしも一番良い賞だったら仕事を休んででも出席しないと♪
な〜んて。笑

提出も無事に終わり、GWはのんびり過ごしていました。

というよりは
出費が多かったためあまり出かけられなかったというのが本音(^^;

今年から一般の部になり
日書院展も毎日展も出品料が倍以上になってしまいました…

準備をしていたとはいえ、いざお財布からお金が出ていくと
想像以上の出費の額に感じますね。

理解ある師のお陰で、色々と助けられてこの状況。
若干将来が不安な気はしますね。

先のことはあまり考えないことにしようと思います。
気を取り直して、また仕事を頑張ろうっと。

プログラム終了(2008年05月01日)

ふぅ〜

腰が痛いです(^^;

毎日展の作品書きを終わりにしました。

今回は色々あって作品を書く字間がぜんぜん確保できなかったなぁ…
としみじみ。

昨年はU-23最後の年で、結構期待をしてしまって結局入選できず
現実を知らされた、そんな想い出があります。苦笑

今年から一般の部ということでさらに敷居が高くなるので、今回は
あまり期待できないなぁと弱気です。

とりあえず、少しゆっくり寝れそうです。

今日からGWの予定なので、少しのんびりしようと思いますo(^-^)o


それではおやすみなさい〜

カテゴリー

エントリー

アーカイブ

トラックバック