ブログ

現在地(2008年08月03日)

今日は11月にある賞状技法士1級試験の対策セミナーに行ってきました。

今スクールで勉強している賞状のサイズはA3の大きさなのですが、
賞状技法士の1級の試験ではA3・B4のサイズの中から出題されるので
B4サイズの賞状の書き方の勉強をやっていない私は、勉強する良い
機会なので、未熟ながら先輩方に混じって参加してきました。

セミナーは9時〜13時で、途中でお腹が空いちゃったのですが、試験に
向けて一番何とかしないといけない問題を見つけた気がしますwww

と冗談はさておき。笑

セミナーでやった事を忘れないようにメモしておきたいと思います。
よかったら一つの参考にしてみてくださいo(^-^)o

A3とB4の賞状の違いは

●A3の9割(正確には8.8割)の大きさにレイアウトをする
 ただし、余白はA3の時より少し少なめになります。
 私の感じでは7〜8割くらいに感じました。
 レイアウトの調整は余白で行うことを考えるそうです。

●表題の書き出し位置は縦書きの場合は天の線から25ミリ

と言ったところです。
ただし、賞状の書き方は指導をしている学校や協会ごとに異なる
部分もあるので、あくまでひとつの参考程度に考えてください!

自分でレイアウトをしてみてボロボロだったのですが、非常によい勉強になりました。

知っている=できる

では無いと言いますが、今回は知らないとレイアウトをすることができ
ないので、今日のセミナーは今後に繋がる非常に有意義な時間でした。

まだA3サイズもまともに書けないので、そっちから何とかする必要はありますが
昨年やった献血のあとの腕(手)の震えも残っているので心配ではありますが
それ以上に、レイアウトと書くスピードの速さが遅すぎることが問題でした。

レイアウトに時間はかかるし、出来上がりの
賞状のイメージはわかず、賞状を書く時間はかかる。

色々な部分で自分の今の状況を知ることができました。

賞状技法士1級試験まで、あと3ヶ月ちょっと。
この間、書道の昇段試験や他の試験や仕事もあるので、時間的にもギリギリかと
思いますが、夏の暑さに気持ちで負けずにしっかり筆を持っていきたいと思いました。


最後に、痛いくらいの日差しの中、セミナーの帰りに銀座で
見かけた涼しいお祭り???から氷のアートをお届けします☆

左はウサギだと思うのですが、右側の氷はなんだろう( ̄∀ ̄;)
何だと思いますか?
干支にちなんで辰かなぁなんて声がちらっと聞こえました。

それでは、暑い日が続いておりますが、みさなま夏バテに気をつけてくださいね♪

Comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Trackback

このエントリーのトラックバックURL

カテゴリー

エントリー

アーカイブ

トラックバック