ブログ

印床(2008年12月23日)

 
今日は裏打ちの終わった作品を取りに市川キョー和へ。

この時期は展覧会用に紙と墨を大量に買います。

毎年市川キョー和では年末年始に福引抽選会をやっていて
買い物金額に応じてガラガラ回すやつで抽選を行います。

ちなみに、ガラガラ抽選器の正式名称は新井式廻轉抽籤器というそうです。

今年は7回して、2等1つ、4等4つ、外れ2つ。
昨年が全て外れだったことを考えると快挙です…

各賞ごとにそれぞれいくつかある商品の中から好きな物を選択できるので

● 2等 → 筆吊り(小)
● 4等 → 画仙紙3つ、筆巻き1つ
● 外れ → 墨(丑年)

それで、今日キョー和へ行く際に無料福引券が1枚出てきたので、
裏打ちの終わった作品を取りに行ったついでに福引をさせていただいた
ところ、なんと!再び2等が出てしまいました。笑

それで、今回は印床をいただきました。
印床とは、印を彫る時に石を固定する道具のことです。

いただいた印床の価格を調べたところ定価が7500円。
割り引いて販売をしているとしても、結構なお値段です(^^;

ちなみに、筆吊りも一番小さいサイズとはいえ結構なお値段がします。
今回いただいた2等〜4等までの品物を販売価格で合計すると総額15000円くらいでしょうか。

購入した紙と墨はだいたい35000円くらいでしたから、
ものすごいキャッシュ(商品?)バック率です。

市川キョー和様、ありがとうございますm(_ _)m
また、来年もたくさん利用させていただきます。

ちなみに、筆吊りはいつもお世話になっている師匠にプレゼントする予定です。


よかったら、ポチッとお願いします。

年末(2008年12月21日)

 

今年も残すところ2週間を切りました。

今年はたくさんの人と出会った1年だったと思います。

そして、たくさん変化のあった年でもありました。
一番は会社で配置転換があったことでしょうか(^^;

あまり個人的には今の職場の仕事が大雑把な自分の性格に
合っているとは思いませんが何事も経験だと思うので、気長に
やっていきたいと思います。

プライベートではパーティーに参加したり、そこで出会った人とランチをしたり
素敵なバーを紹介していただいたり、非常に刺激的な出逢いがたくさんありました。

あと後半はたくさん本を読みました。大体30冊くらいでしょうか。

本が読みたいなぁなんて思っていたらオススメの本を紹介してもらいまして、
そこから自分で探したりしながら大分読みました。

●夢をかなえるゾウ
●ビジネス脳を磨く
●日本で一番大切にしたい会社
●リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと
●道を開く
●若者はなぜ3年で辞めるのか?
●Bボーイサラリーマン

などの本はすごくインパクトが強かったです
こうして挙げてみると、話題の本やベストセラーの本が多いですね(^^;

良いとされている本には読みやすさや、指摘しているポイントが
的確で学ぶところが沢山あり、とても良かったです。

ただ、私は本は買って読みたい人なので、非常に金欠になりました…

年明けはまず、展覧会から頑張る予定です。

仕事が落ち着いたら、中途半端になってしまった賞状の学校の残り
少しの授業を受けたいなぁと考えています。

たくさんの人に出会えた事に感謝をしながら
来年も相変わらず走り続けていこうと思います。

それでは良いお年を☆

池上 晋翔

ホスピタリティ(2008年12月12日)

 

今日は仕事を定時で上がれたので、帰りに髪を切りました。
急遽時間が出来たため、飛び入りみたいな状況でしたが嫌な顔ひとつせず
対応をしてくださいました。ありがたや〜

美容室では髪を切る人とシャンプーをする人は別の人の場合があります。
そしてそのシャンプーをする人は毎回変わります。

基本的な手順は同じなのですが、人によって節々で個性が出ますね。

たかがシャンプーされどシャンプー。

以前、すごく気持ちよくて感動したシャンプーがありました。

心地よいマッサージに、泡を流す時の水しぶきは余計な
ところに全く飛ばず、水が耳にかかる事もなくまさに完璧。

私はそこから色々と学ばせていただきました。

その人は今はもう辞められてしまったのが残念でなりませんが、それだけの
ことができる人なので、どこへ行ってもすばらしい仕事をされていると思います。


話が前後しますが「レンガ積み職人」の話はご存知でしょうか?

〜〜〜
あるところで3人のレンガ積み職人に出会いました。

「そこで何をしているのですか?」

そう尋ねました。

1人目の職人は答えました。
「見て分かるとおりレンガを積んでいるのさ。」

2人目の職人はこう答えました。
「レンガを積んで壁を作っているんだ。」

3人目の職人はこのように答えました。
「レンガを積んで壁を作って、やがては大聖堂になるんだ。
 この大聖堂でたくさんの人が幸せになっていくんだ。」

〜〜〜

仕事を与えられた作業と考えるのではなく、その先のことを想像しながら、考えながらすること。


私は作品を渡すときには、可能な限り相手に喜んで貰えるように考えます。

・作品に一筆箋を添える
・手さげ袋
・テープで箱を固定する( そのテープもはがしやすいように工夫する)

相手によって変わる部分もありますが、出来る限りのことをするようにしています。
今後は私らしいラッピングを考えることが目標です。


できるだけ、喜んでもらいたいo(^-^)o

自分の書いた作品が大切にしてもらえるように。
一生愛される作品でありますように。


ちょっとまとまりの悪い日記になってしまいましたが、感じたことを書いてみました。

ライトテーブル(2008年12月10日)

今、ライトテーブルを探しています。

賞状を書く際にライトテーブルというものを使用するのですが、
書道用品店で販売しているライトテーブルは木のタイプで、
箱の中に蛍光灯が入っていて、蛍光灯の光でアクリルを裏から照します。

物も大きくてスペースを取るので、ちょっと見送っていたのですが、先日
知り合いから液晶タイプのライトテーブルがあるという情報を教えていただき
早速調べてみました。

下記みたいなテーブルかな?
http://www.seibun.com/catalog/8211.shtml

液晶タイプのものは製図用として販売されているみたいです。

確かに製図用のライトテーブルを、働いている会社の設計の部署で
使用しているなぁと今更ながら気づいたいけがみです。笑

A3タイプでよさそうかなぁと思ったライトテーブル。

ライトビューアー9000
https://www.hakubaphoto.jp/item/detail.php?products_id=142244

しばらく購入する予定はないのですが、とりあえずメモメモ。

練習開始(2008年12月07日)

 
12月の第一週を終え、みなさまボーナスはもらえましたかo(^-^)o

私も少しばかりもらえまして、来年用に丸々取っておかなければならない
状況ではありますが、既に若干使ってしまいました。笑

今仕事で年末調整をやっていて仕事が多忙のため、帰りが遅いので
練習開始も遅く、睡眠時間が削られるいっぽうです。

展覧会締め切りは3月上旬ですが、年末年始は筆を持てない日が多くなる事と
12月1月と仕事が忙しいので、今年は書き始める前から不安を感じています。

そんな中、金曜日は定時に仕事を上がることが出来たので、早速帰宅して
練習していたのですが、練習中、天井の2本ある蛍光灯のうちの1本がチカチカ
しているなぁなんて思いながら書いていたところ突然切れました…

なんと幸先の悪いスタートw

まぁ、スタートが底辺だと思えば後は上り調子しかありませんが(^-^;
今年は昨年以上の成績を取れるようになんとか頑張ります。

2月が山場になるのですが、そのころにインフルエンザが流行らないように
祈りつつ、また、体調を崩さないように気をつけていきたいと思います。

カテゴリー

エントリー

アーカイブ

トラックバック