ブログ

第59回日書院展(2010年04月18日)

昨日東京銀座のセントラル美術館・銀座画廊美術館で開催されている
第59回日書院展を観にいってきました。

今年来年は東京都美術館が使用できないため、場所を変えての開催です。

会場のスペースの都合もあって作品の密度はかなり高かったです。
土曜日だった昨日は人も多く、会場内で作品を説明する先生方も
いつもより多く見受けられました。

私は昨年同人に昇格したこともあり、今年来年は温存の年。
特に今年は個展を開催したこともあって少しそちらに力を注いだので
作品をあまり書きこむ時間がありませんでした。

ということで、やはり会場に言って作品を見たときの最初の感想は
書き込んだ雰囲気が全く無いでした。

先生方の字は練度があって素晴らしかったです。

作品を制作するのもいいのですが、ゆっくり練習をする時間も
取りたいと思いつつ、仕事をしながらだとなかなか予定通りに
いかなかったりしますよね。

そのあたりの心の葛藤みたいなものが最近あったりします。
長く続けていくと忙しくて筆が持てない時期もあると師から良く言われ
るのですが、今まさにそれを実感をしているといったところ。

焦らずやっていけるように。
マイペースに続けていきたいと思います。

Comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Trackback

このエントリーのトラックバックURL

カテゴリー

エントリー

アーカイブ

トラックバック