ブログ

筆跡勉強会(2011年02月27日)

 
今日は久しぶりに診断士3名で集まって一日勉強会でした。

昨日の夜は祝儀袋を書いていて勉強会の準備ができず…
事前準備は大事です、反省><

3人が筆跡の中で持っているコンテンツが
違うこともあり非常に有意義な時間。

やっぱり聞くだけでなくお互いに意見し合える、
情報を共有し合える関係が私は好き。

上下ではなくて横の繋がりで
同時に高めあっていきたいですよね。

活動の経験が浅い私は、内容もまだまだ薄くて
今こういう状況でこういうことをやっています!
ってそんな状況報告のみ。

それでもたくさんアドバイスをいただけて
モチベーションが上がり、まだまだいけるぞと。

色々至らない部分について口出ししたいこともあったと思いますが、
温かく見守ってくれる器はすごいなぁと。勉強になりますo(^-^)o

表彰(2011年02月27日)


今日は午後から勉強会に参加をしました。

色々仕事もあったので早めに帰宅。

今回は書仕事です。
表書きが表彰というのは初めて。
みなさんは普段、祝儀や香典袋を書くことはありますか?

最近あまり練習ができていなかったので
技術も感覚も鈍っていました。

展覧会の作品提出も終わったので練習再開ですo(^-^)o


【お知らせ】
 祝儀袋もささっと書けるようになる講座
 ご連絡お待ちしています☆
 http://www.shinshou-ikegami.com/information/index.html

部屋を片づけ中…(2011年02月22日)

最近日が伸びてきましたね。
仕事帰りの空がうっすら明るくてふと気づきました。

今年に入ってからブログを書く回数が多くなっています。

自分の時間ができたからということもありますが、
意外にもたくさんの方が読んでくれていたこと。

先日の中国での紹介の際はあちこちからお祝いの
連絡をいただいてビックリもしました。

おサボり気味の時もありますがしっかり伝えていかないと、と。

話が前後しますが、先週末に日書院展の作品提出が終わり
ひと段落したので書き散らかした部屋の片づけをしています。

整理という意味では、最近色々なところを片付けています。

書き散らかした部屋も
押入れの中も
PCの中も。

こまごまとした部分の整理。

そういったものの積み重ねがとても大事だと。
もちろん常日頃からできているに越したことはないけれど。


小さなハードルと
小さな成功の
積み重ねが

実りを生むんですよね。


ブログもそう。

継続して書き続けることが信用になることもある。
また、楽しみに読んでくれている人がいたり。


便りのないのは良い便りなんて言ったりもしますが
やっぱり便りは欲しいですよね。

ブログも定期的にo(^-^)o

詩文書作品製作にあたっての著作権手続き〜音楽著作権〜(2011年02月21日)

今回は詩文書の題材としてミスチルの歌詞を
題材に使わせていただきました。

著作権のあるものを使用する場合、使用料を支払う
必要があるということは誰もが知っていると思います。

前談はこちら。
http://shinshou-ikegami.com/blog/2011/01/post_249.html

では、実際にどうやって手続きを行うのか?
ということで、今回私が行った手続きについて記載しておきます。

********************************************
JASRACへの問い合わせは
電話:録音出版部 出版課 03-3481-2170
インターネット:新しいヘルプデスク質問はこちらより
********************************************

以下の内容はあくまで2011年1月に私が確認した際の回答です。
手続きの際はご自身で確認をしてください。

【著作権管理者の確認】

 まずは、使用したい題材の著作権の管理者を探します。
 作品データベース検索サービス


 今回の私の題材はMr.Childrenの「終わりなき旅」の歌詞の
 一部ということでJASRAC管理の著作物です。

 JASRAC以外の出版社等が管理している場合はその都度
 個別にその管理者へ問い合わせを行い確認を取ります。

【オンライン手続き】

 私は手続きをオンラインで行いたかったので
 こちらより利用者登録を行いました。
 (利用者登録には1週間程度かかります)

 手続きが完了するとIDとパスワードが発行され郵送で到着します。
 発行されたIDとパスワードでJ-RAPPにログインをします。

【申請は主に3種類】

 作品の制作時:1,800円(種別:J
 →基本は作品として制作する時点で発生するとのこと

 作品展示の際:18,000円(種別:H
 →展覧会他の会場で展示(≒表装)される場合は支払う必要がある
 (展覧会の制度により事前に分からない場合は事後でOK)

 図録等に掲載:1,800円〜(種別:J
 →こちらも事前に分からない場合は事後でOK
  事前に申請している場合は許諾番号を書籍に掲載する必要があるとのこと

【ポイント】

 ●毎日展などで出品のみの場合は出品時に,亮蠡海を行い、
  入選以上が確定した時点で△亮蠡海を行います。

 ●社中展などで無鑑査の場合は,鉢△鯑瓜に行います。
 (手続き上はJとHの2回申請作業を行う)

 ●図録などに作品が掲載される場合はその出版(発行?)部数に
  応じての手続きを行います。


書道の展覧会用に作品を制作しさらに2500部以内の図録が
制作される場合は,鉢△亮蠡海のみで良いと確認しています。

ただし、図録等出版物の場合はJASRAC発行の
許諾番号を出版物に記載する必要があります。

要は、手続き済ですよという表記をしなさいということですね。

ただ実際問題、出版物制作の際、製作者への連絡対応であるとか、
図録などの場合に制作までの時間的な問題などの疑問が発生しそうです

全国規模の展覧会の場合にひとりひとりがJASRACに
申請手続きをしたら申請処理を行う側が大変なことになりますよ…

読売書法展では著作権の手引きというものを公開していますね。


JASRACの人とやり取りの中では必要な手続きが分かった
時点で滞りなく行ってくださいとのことでした。

もちろん、事前申請できるに越したことはないそうですが
事前が無理な場合は事後でもOKですと。

電話でやり取りをした限りでは、質問ひとつひとつについて
丁寧に回答してくださり、とても良い印象でした。


最後にJASRACにオンライン申請手続き後に届く
出版許諾番号のご案内‏を参考に記載しておきます。

種別:Jの手続きを行った際の内容です。

◆参考◆


出版利用申込いただきました出版物についての
許諾番号をお知らせします。

なお、出版利用許諾書はJ−RAPP上でご覧いただけます。

==================================
出版許諾番号のご案内
==================================
J−RAPP受付番号  :○○○○○○○○○
出版物名        :終わりなき旅/出品用 書道作品
版数           :○○○
発行日         :YYYY/MM/DD

許諾番号        :1234567-890

許諾証紙   証紙有無 :無し
        証紙番号 :
        証紙枚数 :

ご担当者名       :池上晋翔 様
ご担当者部署      :

(ご注意)
 (1)許諾番号の対象となる著作物は、上記出版物中の当協会が
    許諾することができるものに限られます。
 (2)許諾番号は、出版物の奥付などに次のように表示願います。
    JASRAC 出○○○○○○○−○○○
    あるいは
    日本音楽著作権協会(出)許諾第○○○○○○○−○○○号
 (3)許諾証紙の貼付が必要な場合は、別途お送りいたしますので、
    必ず出版物に貼付願います。

================================
一般社団法人 日本音楽著作権協会
J−RAPP出版担当
○○○○

◆◆◆◆

子どもの文字改善指導者セミナー(2011年02月20日)

 
昨年より毎月学んでいた勉強が一区切りしました。

子どもの文字改善指導者セミナー

一年間のカリキュラムが終わりました。
修了テストも無事に終わりひと段落。

私は筆跡診断士として活動をしていますが、これまで
子どもの診断をする際は特に慎重になっていました。

今回指導をしてくださった講師の石崎泉雨先生曰く、
最近の子どもの文字の筆跡診断は大人の筆跡診断とは
違うのだそうです。

様々な資料を用いて色々と勉強させていただきました。

私は子どもの文字を診る機会は殆どありませんが
最近は大学生の書いた履歴書を見る機会の多いので
関連があるのかなとちょっと気にして見ているところ。

少しだけ共通点が見えてきたこの頃です。

その話はまた別の機会にでも(へωへ)

先生の執筆本である子どもは文字で訴えるもお勧めです。

日書院展作品提出(2011年02月19日)

 
土曜日に書道教室があり日書院展の作品提出をしてきました。

昨年末に詩文書の師範を取得したことと
展覧会場のスペースの都合で作品サイズが小さい
ということもあり今回は詩文書作品にしました。

これなら自分で書けそうだってことで

 ◎自分で素材から草稿・手本・作品制作を行う

そして

 ◎作品に関連する著作権について

も勉強しました。
著作権についてはJASRACに申請手続き済み。

昨年個展をやったせいか、自分で調べて考えて
書くことが少しできるようになってきた気がします。

本来は師範を取る辺りから自分で作品を作る勉強をした方が
よいとは思いますが、亀のような進歩の私はなかなか手が出ず。

作品制作が終わって出品目録を
書いていたところ気になる部分が。

詩文書の出品用紙の種類が「同人」になっていました。
昨年師範になった詩文書は一般扱いだと思っていたので
今回は頑張ったら賞に入るかもしれない。。。
な〜んて淡い期待をしていたのですが

どうやら淡い期待で終わるようです(笑)

今年は詩文書課題を自分で書いたので、
来年は漢字を草稿から書きたいと思います。


それから案内は来月中旬に発送いたしますのでご了承ください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

〜第60回記念日書院展〜
会期 平成23年4月12日(火)〜4月17日(日)
会場 東京セントラル美術館(5F)
   銀座画廊美術館(8F)
交通 ・有楽町線銀座1丁目駅から徒歩1分
   ・銀座線銀座駅から徒歩3分

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

せいろ蒸し(2011年02月17日)

 
会社の同期と仕事帰りにせいろ蒸しを食べに行ってきました。

職場から歩いて10分くらいのところにあります。

霧乃個室 蒸し屋清郎
http://www.diamond-dining.com/shop_info/seiromushi/

こちらのせいろ蒸しは本当にウマでして
何種類かあるせいろ蒸しそれぞれにタレがあります。

料理のお値段は少しお高めですが
美味しさは太鼓判を押します☆

職場が渋谷なのですが、徒歩10分圏内には
いろいろなお店があります。

たくさんあるので同期とも渋谷散策してみています。
どこかオススメのお店があったら教えてください^^

ラストスパート(2011年02月15日)

 
展覧会用の作品の提出が今週末にあります。

今回は大好きなMr.Childrenの歌詞を書くので
JASRAC申請をする必要があります

現在申請中につき連絡待ちです。
初回の登録は時間がかかるみたいです…

提出時にコードが取得が間に合わないかも(^-^;
でも、しっかり手続きはします!

ということで、ラストスパート☆

目録(2011年02月10日)

 
勤めている会社が参画するイベントで行われる
コンテスト入賞者に渡す目録を書きました。

こういった依頼の時はたいてい予備はなしです(―ω―;)
つまり、失敗はできません。

目録を書くのは初めてだったので、ちょっと勉強☆

初めてのものを書くときに
気をつけたいことが2つあります。

書式」と「紙質」です。


書式は、間違った書き方をしないようにということ。
基本は依頼のあった通りに書きますが、一般的な書式は
押さえておかないと必要に応じた対処ができませんので☆


紙質ですが、祝儀や香典袋関係
この手の用紙は滲むことが結構あるんです。
墨を濃くしても滲んでしまうことが多いので。。。
ちなみに、にじみやすい場合は墨に
ポスターカラーを混ぜるとよいそうです。

今回も予備がなかったので慎重に慎重に書きました…

案の定滲む用紙だったので、墨量と書くスピードを
調整しながら間違いなく無事に書き終えました。

久しぶりに

超集中しながら…
緊張しながら…

書き上げた9枚ずつの袋と奉書紙。

字の出来栄えはまだまだですが、
ひとまず無事に終わりました☆


【お知らせ】
 目録もささっと書けるようになる講座
 詳細はこちらです↓
 http://www.shinshou-ikegami.com/information/index.html

【Campus新聞】(2011年02月09日)

知り合いの大学4年生が

30カ国48大学を巡る 世界一"志友"の旅

をしています。

その内容が、MSN産経ニュースに掲載されました。

起業調査の2人旅 「世界一周ライブ!」http://www.sankei.jp.msn.com/life/news/110208/trd11020816320016-n1.htm

学生の頃、こういった経験をしなかった私は
ただただ凄いなぁと思うばかりです。

旅の中で体調を崩したりすることもあるようですが、
元気に日本に帰ってきてほしいですo(^-^)o

中国サイト日本語訳(2011年02月08日)

 
先日のブログに書いた中国での活動紹介について
知人が日本語訳にしてくださいました。

著作権関係についてもしっかりと
明記をしていただきましてありがとうございます。

不断進取,日本書法家池上晋翔 中国文娯網
http://jiansuo.info/node/221
http://jiansuo.info/hp/ikegami/index.html


Sanyangから02/02/2011水曜日、14:23発表
今年はまだ27歳の若さで、日本書道家の地位を築きました。

2005年に日本書道院漢字部師範資格、
2010年に日本書道院詩文書部師範資格を授受
今は5年後に日本書道院の最後の一つである
假名部師範資格を取れるよう、努力している。

池上先生は謹厳実直、繊細な方で、
日本伝統芸術意識が高い。現在筆跡研究を行っている。

**作品群**

注意:日本は著作権を重要視する国である。
本人及びこのサイトの文字や写真などの資料を引用したり、
転載したりしないようにお願いします。
違反者は必ず追及する。ご理解ご協力を感謝します。


今年27歳です。
まだ若輩者ですが、日本での書家として活動しています。
2005年日本書道院の漢字部師範の資格をとりました。
2010年は日本書道院詩文書部の師範資格をとりました。

努力を重ね、5年後には日本書道院の最後の資格も取りたいと思います。
今後も日本伝統の芸術の研究を重ねていきたいです。


翻訳をしてくださったみなさま、ありがとうございます!

エールを送るよ(2011年02月05日)

 
私の好きなアーティストMr.Childrenの
桜井さんが参加しているGolden Circle

その曲の中にフォーエバーヤングという曲があります。
※フォーエバーヤング/寺岡呼人 & Golden Circle of Friends

その曲の歌詞の中に

このメロディーに代えて今エールを送るよ

という歌詞があるのですが、
アーティストらしくて素敵なフレーズだなぁと思いました。

私だったら
この作品に代えて今エールを贈るよ
なんていういう風になるかなo(^-^)o

国境を越えて(2011年02月03日)

 
前回紹介しました、私の書の活動について中国で紹介されました!

不断進取,日本書法家池上晋翔 中国文娯網
http://jiansuo.info/node/221

わざわざ私専用のHPまで☆
http://jiansuo.info/hp/ikegami/index.html


2011.2.3 現在、トップページに掲載されています☆

中国文娯網 我們的藝術平台
http://jiansuo.info/

李明さんありがとうございますo(^-^)o

李明先生謝謝。
Special thanks!!!

中国デビュー(2011年02月01日)

2月になりましたね。

1月は毎日予定が入っていたせいか、
あっという間に終わっていた…
そんな感じです。

ちょうど昨日から胃の調子が悪いです。
展覧会の締め切りも近いというのに…
健康あっての生活だと痛感しております。

今回は私の書の活動について中国で紹介して
いただけることになりましたので、その報告です。

1月の中旬にHP経由で問い合わせがあり、中国にて芸術関係の
紹介をするサイトにて私および私のHPで公開している書作品を
紹介させていただきたいとの問い合わせがありました。

私以上に実力も実績もある方がたくさんいるというのに…
恐縮です。

公開前に確認を依頼していまして、先ほど届きました。
素敵なサイトを作ってくださりありがとうございます☆

出来上がったのがこちら。
http://jiansuo.info/hp/ikegami/index.html

デザインがすっきりして、スマートにまとめられています。
プロフィールの内容に関しては翻訳サイトを使っても
内容がどう書いてあるのかいまいち分かりませんが(^-^;

掲載予定はこちらの中国文娯網 我們的藝術平台になります。
http://jiansuo.info/

公開が楽しみです☆

私自身は書を通して中国と交流をするのは初めてです。
これからもこうして書の輪が広がっていくといいなと思いますo(^-^)o
その前に、少し中国語の勉強をしなくちゃ。笑

カテゴリー

エントリー

アーカイブ

トラックバック