ブログ

働くを考える〜仕事の目的はなんですか?〜(2011年10月30日)

 
今年の春から友人の竹崎さんと大学生・大学院生向けに
就活のフォロー的なことを始めました。

すごく魅力や将来性の感じられる学生が
いざ就職面接になると上手くアピールできない。

履歴書の志望動機や自己アピールがいまひとつ。
自己分析ができていない。

お互いに色々思うこと、感じることを意見しあった結果、
伝えるをテーマに自分達にできることをやってみようと。

細々と活動を行う中、素敵なご縁あって
NPO法人DNA 代表 沼田 翔二朗さん主催にて
高崎経済大学内で就活イベントを開催させて
いただくことになりました。

「働くを考える〜仕事の目的はなんですか?〜」

私のHPは大学生は中々覗かないと思いますが
縁あって訪れた学生がいらっしゃいましたらご覧くださいませ。

硯のお話(2011年10月25日)

 
書道において文房四宝は 筆 墨 硯 紙 の4つをさします。

やはり実際にどのように作られているのか、その制作工程が気になるところ。

筆に関しては2006年の夏に筆の里工房イ方古堂さんを
見学させていただき、少しではありますが勉強しました。

墨は独身のうちに(笑)、墨と墨汁の制作工程をみてみたいなと。

硯に関しては以前から雄勝硯の工房を見学したいなと考えていました。
ただ今は東日本大震災で復興中のためもう少し落ち着いてから行きたいです。

さて、その雄勝硯。

先日うかがった宝研堂の職人さんが見せてくださいました。
写真の 上が表面のみ磨いたもの 下が未加工だそうです。

違いは表面の仕上がり。

雄勝硯には大きく石が2種類に分かれているそうで同じ道具で
磨いた場合には表面の滑らかさが全然違う仕上がりになります。

もちろん、磨き方次第で同じような表面の仕上がりにすることもできるそうです。

加工は、ある程度大きさを整えたり表面を磨く工程は機械で。
仕上げの磨きなどは手で行うそうです。

宝研堂さんでは20面前後の硯を一度に仕上げていくのだそう。
1面の制作にかかる時間は早いもので20〜30分くらいだそうです。
最終的な確認や包装も含めるともう少しかかりそうですね。

仙台の雄勝硯さんの工房では200面前後の硯をいっきに制作するそうです。
スペースと設置している機械の都合ですね^^
年間1万面ちかく制作するのでしたら納得のボリューム。

普段あまり意識せずに使用していた道具が生まれるまでの
ストーリーも学びながらこれかも大事に使って行きたいです。

**************************

2012.1.12
実用書道教室(2012)の生徒募集受付は終了しました。
お問い合わせいただきましたみなさまありがとうございました。

2012年の実用書道教室の生徒さん募集中です。
2月開始です^^

縁起物の雄勝硯(2011年10月24日)

 
土曜日の最後に行った宝研堂で教えていただきました。

私は書道教室で生徒さんに雄勝硯(おがつすずり)を購入して使用してもらっています。
大きさは二五度で小さく磨り心地が良い。
持ち運びにも便利で実用性があります。

その雄勝硯の産地は宮城県雄勝町。
国内で流通している日本産の硯の9割は雄勝町で生産されています。
年間の生産量は約1万面(めん)。
※面(めん)とは硯の単位

そこで生産されて眠っていた硯や加工待ちの石が
3月11日の地震と津波によって流されてしまったそうです。

石も塩水がかかると石質が変わってしまうそうで
加工をして販売をするのに色々と手間がいるとのこと。

ですが、津波によってほとんど無くなってしまった中で残った数少ない硯。
塩水にかぶってはしまいましたが縁起物と仰っていました。

ただし、一度塩水に使ってしまった場合はやはり質が下がって
しまうそうで分け有り品のため多少価格面に影響があるとのこと。

それでも売り上げは復興支援にも繋がるとのことです。
これから加工し都内で一度展示即売された後、
残ったものが宝研堂に戻ってくるそうです。

早くて2月頃だとか。

またその頃にお邪魔したいと思います。

あまり大きなことはできませんが書道や書道教室を続ける中で
少しでも東北の復興に繋がるのであればうれしいですよねo(^-^)o


**************************

2012.1.12
実用書道教室(2012)の生徒募集受付は終了しました。
お問い合わせいただきましたみなさまありがとうございました。

2012年の実用書道教室の生徒さん募集中です。
2月開始です^^

課外授業2(2011年10月23日)

 
書道用具店で池上オススメのお店はキョー和宝研堂

課外授業の3店舗目で行ったお店は宝研堂

宝研堂は筆がオススメです。

細字用の筆、半紙に書く筆、大筆。

日本で有名な筆の産地といえば広島県熊野町ですが
埼玉に住んでいるいけがみにはなかなか手の届かない場所。

やはり関東近県で買えるお店も大事です。

宝研堂の筆の良さは腰の強さ。
柔らかい毛の筆、硬い毛の筆、そのどちらも適度な腰の強さがあります。

また、細字用の筆は穂先の利きがものすごい。

大筆は毛が特徴。

大筆の場合毛の長さと毛の両方のボリュームが
必要となりますが、宝研堂の筆はとても良質。

羊毛の毛は飴色に透き通った色の毛がよいのです。
私も初の大筆を購入するときは毛の色で選びました。


さらに感動したのは接客です。

たまたま対応してくださったのがお店の硯職人の方。
めちゃめちゃかっこよかったです。

そのうえ、素材の知識がものすごい。

作り手のプロの意見は普段字を書いている私より
私のことを理解しているようなアドバイスもありました。

普段中々聞けないような情報までいただけてとても勉強になりました。

そして極めつけはお店を出る最後のひと言。

情報を得るためだけでもよいのでぜひ遊びに来てください

中々言えないです普通(^-^;

また色々勉強させていただきに通いたいと思います。


**************************

2012.1.12
実用書道教室(2012)の生徒募集受付は終了しました。
お問い合わせいただきましたみなさまありがとうございました。

2012年の実用書道教室の生徒さん募集中です。
2月開始です^^

課外授業1(2011年10月22日)

 
本日は課外授業でした。
3店舗の見学コースです。

新宿キョー和精華堂宝研堂

書道をする中で道具を自分で買いに
行くのは結構ハードルが高いです。

そもそも何を買ったらよいか分からない

書道用具店に行くと店によるが筆は100種類以上あるわけで。
和筆・唐筆などがあったりする中で目的に合わせて選ぶのは大変です。

私自身も最初は色々買ってみて後悔しながら覚えました(>_<)

できれば生徒さんにはあまり苦労してほしくないので
書くこと以外の知識も吸収してもらいたい。

ということでの今回は課外授業です。

キョー和は良質の商品を安い価格で販売しているお店。
関東圏で書道をしている人は知っている人は多いのではないでしょうか^^

私は月に1回程度利用しています。

お店は入りやすく出やすい雰囲気なので、
さほど目的がなくても出入りしやすい。

店員さんの対応もとてもしっかりとしているのですが
それでいてつかず離れずの接客は心地良いです。

とてもオススメ。
これからも利用したいと店です。

**************************

2012.1.12
実用書道教室(2012)の生徒募集受付は終了しました。
お問い合わせいただきましたみなさまありがとうございました。

2012年の実用書道教室の生徒さん募集中です。
2月開始です^^

実用書道教室【第6回】(2011年10月20日)

 
昨日は書道教室でした。

今回は宛名書きということで住所の書き方をレクチャー。

前回に引き続き、普段の生活の中で使用する宛名書き

賞状技法士協会で学んだ部分と実際に
書く中での気づきや、実状もふまえた内容。

書くことも大事ですが見栄えの良いレイアウトも大事です。

**************************

2012.1.12
実用書道教室(2012)の生徒募集受付は終了しました。
お問い合わせいただきましたみなさまありがとうございました。

2012年の書道教室の生徒さんも募集中です。

ライトテーブル(2011年10月17日)

 
昨日、友人との待ち合わせの前に立ち寄った文房具屋。

そのお店にはトレース台の見本が置いてまして
豊富な種類に目が止まりました。

賞状技法士の教室に通っていた頃にその存在を知り
気になっていたものの、当時は大きさ・価格共に
合うものがなかったので見送りに。

賞状技法士のスクールが終わった今、普段の生活で
良く書くものは祝儀・香典・熨斗・宛名書きなど。

賞状サイズのライトテーブルでなくても十分なのです。
時が変われば好みも需要も変わるのですね。

結局、購入はしませんでしたが
何かの折にひとつ欲しいなと思いました。

ちなみに気になっているライトテーブルは
Trytec(トライテック)の
LED A4トレース台 薄型 透写台 トレビュアートレーサー

※写真はトライテック通販部さんのページより拝借しましたm(_ _)m

こちらの商品はトレース台なのですが、amazonの評価では好評のようです。
実際実物も確認していますがしっかりした作りでライト明るかったです。

筆耕の時は紙が落ちないように表面に溝があると
うれしいのですが、自分で工夫すればできるかな。

トレース台熱再びです。

セミナー無事終了^^(2011年10月16日)

 
昨日はフォルテック様でセミナーの講師をしてきました。
セミナーの模様はこちら

途中にワークをはさみながらの120分でしたが
そんなにしゃべれるのかと不安を抱きながらの当日。

テーマは手書きの文字に表れる自分の性格

サブタイトルは手書き文字から知る気づきだったのですが
そっちの方がメインだった気がします。

しっかり120分話せました。

企業向けのイベントは初めてで、打ち合わせから資料作成
本番当日と、非常に貴重な機会。

今回は事前に資料を送付し、確認していただいたのですが細部まで
目を通してくださり、気になる箇所を指摘いただいてしまいました><

本来は完璧な資料を作成して渡せることが理想ですが、一人で
資料を作成しているとどうしても視野が狭くなってしまいます。

指摘事項関しては未熟さと恥ずかしさも感じましたが
普段なかなか無い貴重な機会はとてもよい経験になりました。

参加者の中から文字を上手く書く方法についての質問が
あったので、次回はそんなテーマも面白いかもしれません。
その前に、わたし硬筆苦手なんですよね〜笑

実用書道教室【第5回】(2011年10月10日)

 
水曜日は5回目の書道教室。
カリキュラムも後半に入りました。

今回はカリキュラムの中でも大事な内容のひとつ祝儀・香典。

祝儀や香典は普段の生活の中でも多く使用するため
どうしても講義の時間が長くなってしまいました。

普段よりも実際に書く時間が長くなってしまいましたが
その分集中して書けた生徒さんもいたようです。

残り3回。
充実した内容をお届けします^^

また、課外授業を予定していまして
これも遠足みたいで楽しみです^^

私も生徒さんもぜったい楽しみ☆


今週は、セミナーの予定もあるので頑張ります♪

衣替え(2011年10月02日)

 
ご無沙汰しております。

10月になりましたね。

最近、時計を買い換えました。
今まで使っていた時計の電池が切れて
止まってしまったので思い切って新調。

新しいパートナーはFOSSILのPR5381。
文字盤のデザインがお気に入りです。

9月はブログの更新が少し滞ってしまいましたが
お蔭様で10月と11月の予定が少しずつ入り始めました。

10月はセミナーの講師。

もともと5月頃予定されていたのですが
3・11の地震の影響もあって見送りに。

内容は今回用にゼロから考えたものなので
どうなるかちょっとドキドキです。

参加者は社会人になるので、仕事などでも活かせる
形まで持っていけたらなんて思っています。


11月は就活関連のイベント。

5月に竹崎さんとスタートした就活生向けのイベント。
今回は大学内の開催になるかもです^^


今年も残すところあと3ヶ月となりまして、来年
2012年スタートの書道教室の生徒さんも募集中です。

もし興味のある方は声をおかけください☆
第一・第三水曜日の19時から銀座の教室です。

カテゴリー

エントリー

アーカイブ

トラックバック