ブログ

COOLPIX S8200 を買いました(2012年03月31日)

 
『3月はよくないことが起こるよ』

そんなことを2月に言われ

本当にそんな気がしたひと月でした。

たくさんケアレスミスをしてしまったり。

あいまいにしていた結果
最悪の結末を迎えてしまったり。

それぞれが自分の主観だから双方に言い分がある。

今までは気づきながらもスルーしてよかったことも
向き合わないといけない時がきたようでした。

昨日は年度末で退職する会社の方の
送別会があり、最後にその方と話をしていて

瞬間的に最悪と感じたことでも
そこからの学びや気づきがあればいいのだと。

そして最後の挨拶で話されていた

人は人の中にいて育つ

その言葉にただただうなずいてしまいました。

精神的にきつかったことが多かったけれど
そういった中でいくつか種をまくこともできたので
反省点を肥やしに成長していきたいと思います。


閑話休題。

今日デジカメを新調しました。

Nikon COOLPIX S8200

新しい相方と一緒に4月から仕事とプライベートの
輝く瞬間を記録していきたいと思います。

ありがとう。

そしてさようなら3月。

はじまりのはじまり(2012年03月25日)

 

3月に入り、いくつかの企画や話が見送りに。

思うようにはいきませんね…
ちょっと消化しきれない部分が残っています。

その代わりに待ちに待った連絡が届きました。

まだ始まってはいませんが
一歩進むことのできるお話。

始まりの始まりがスタートした。
形になるだろうか。
そんな不安を抱えながらも進むのみです。


今日は人生初めての川越へ。
小江戸川越です。

写真は時の鐘と呼ばれる鐘。

350年間休むことなく鐘を鳴らしているそうです。

たくさんの人たちのために存在し続ける鐘。
それは同時にたくさんの新たなものと無くなっていくものを見てきたということ。

今回、新しい企画を進めながら途中でだめになってしまった
変わりようのない事実は残念だけど受け止めるしかない。

私も鐘のようなブレることのない変わらない存在でありたいです。

【第4回】実用書道教室(2012年03月23日)

 
第4回目の書道教室。

年度末ということもあり参加者はちょっと少なめです。

ずっとお休みしていると再び通うのがおっくうになるんだよなと
賞状の教室の最後の方、ほとんど通うことができなかったのを思い出しました。

そういう時って書道の時間を作ることさえも苦痛だったりするんですよね。
重荷とか足枷みたいな。

Mr.Childrenの終わりなき旅の歌詞に

░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░
難しく考え出すと 結局全てが嫌になって
そっとそっと 逃げ出したくなるけど
░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░

というフレーズがありますが、まさにそんな心境。

私も自分の時間が無くて筆を持てない時期もありましたが、
良い環境と理解のある師に恵まれて今日まで続けてこれたこと。

最近も月例の課題に全く手をつけられない月が多いです。
ブログを書いている暇があったら練習しろよとつっこまれそうですが。汗

私の師は会社員として働きながら書道を続けてきた人なので
書道は細く長く続けることを常々話されていました。

働いていると仕事が忙しいシーズンもあり
私自身も現在働きながら教室を行っているので
当然生徒さんも毎回出席できるとは思っていません。

続けて出れないかもしれないことを想定した各回ごとに
単発で終わるような内容にしています。
その方がお休みの後でもも来やすいかなと。

無理せず続けて欲しいなと思うこのごろ。

生徒として続けることの大変さ。
先生として続けることの難しさ。

笑顔になれる教室という場所。
理解のある師がいてくれたこと。

私が今まで続けてこられた理由かな。
次は私が師として変わる番かな。

環境と技術を提供する側のできることとして
できることはまだまだたくさんある。

教室を始めた者の責任として私は継続できるよう努力します。

生徒さん全員出席で顔を合わせられる日が楽しみですo(^-^)o

原点回帰(2012年03月19日)

 
今日は有給をいただき、少しでかけてのんびりしてきました。

初めてマッサージなるものを受けてみた。
施術はさておき、スタッフさんの対応が気になっって
気持ちは良いけどあまりよくなかったという印象。

お金をいただいてサービスを提供する以上、
経験が少なかろうとプロとしての自覚は持って欲しいなと。

そんなことを思いました。

と、同時に自身が活動を始めたときに同じことを指摘されて
恥ずかしい思いをしたことを思い出しました。苦笑

そんな私の活動を始めるきっかけになった貞方邦介社長の書いた
4作目の書籍を帰りに購入。

タイトルは『見えない空気を売る方法』。

内容は、過去に書いている内容と重なる部分もありますが
当時を思い出しながら初心に帰るよい機会になりました。

それぞれの(2012年03月16日)

 
今日は一年間やってきた幹事の最終日。
そして今月で退職する同僚の送別会。

まずは、一年間やってきた会社の幹事のお仕事が最終日。

3人幹事でした。裏方で色々と動いていましたが
二人の先輩の下自由にやらせていただきました。

色々やっていると、さも自分一人でやっていると
勘違いしてしまいそうになることがありますね。
1年やってきて思うのは、先輩方の安心感のお陰で
かなり自由度高く、わがままにやらせていただいたこと。

お互いに労をねぎらっての最終日でした。


そして3月で退職する2名の同僚の送別会でもありました。

お二人はそれぞれの道に。
色々な形で独立という選択をされました。

決断って凄いですね。

また独立を理解してくれる周囲の環境と
温かく送り出してくれる会社も素晴らしいなと。

ありがたいことに辞められてもやりとりがありそうで
知り合いも巻き込んでお付き合いができたらなと思います。
新たな環境でのご活躍をお祈り申し上げます。

そんな居心地のいい有意義なひと時でした。
次の幹事さんにバトンタッチをして私の役目は終わりです。

ちょっと肩の荷がおりましたo(^-^)o

積み重ね(2012年03月09日)

 
写真は生徒さんが書いているところです。

モデルのようですね( ̄▽ ̄)

と、話が脱線しましたが(汗)

教室が始まって2ヶ月目。

休まず来られている生徒さんは授業の日も含めると
週1のペースで練習しているそうです。

教室は第一・第三の月2回で、毎回課題を出しているので、
翌週にその課題をやると考えるとだいたい各週で筆を持つ計算になります。

初回の宿題は自分と自分以外の良く書く名前
第二回目は基本点画の練習(漢数字)

2月1日の最初に筆を持ったときと比較すると
別の人が書いたのでは?と思ってしまうくらいの上達ぶり。

書いている本人は気づかないことが多いのですが
見る見る変わっていくその成長に驚くばかりです。

生徒さんが気にするのは字の形ですが私は極力指摘せず^^
冷たい先生です。

不思議と練習をしていくと自然と字の形は取れるように
なるので、私は基本点画や筆の運びを中心に指導をします。

積み重ねって大事ですね。
習いたてだった頃を思い出すなぁ。

【第3回】実用書道教室(2012年03月08日)

 
第3回目の書道教室。

7人も生徒さんがいるとなかなか全員は集まれないのが残念ですが(^^;

今回は前半の15分程で表札の練習をしました。
あえて筆で書いてもらったのですが、鉛筆でもできる練習^^

もちろん筆での練習は大事ですが、字を書くときに
理想とする文字のイメージは大事です。

字の好きな人は遊びながら筆なり鉛筆なりで
デザインちっくな感じですることが多いです。

そんな普段の私の遊びを取り入れた練習です。
一発書きなのでみなさんドキドキしながら書いていましたね〜

しめきり(2012年03月02日)

 
今年の書き込み終了。

昨日でだいたい仕上がっていたので
気持ち的には楽でした。

最後は楽しんでしまったし。
気持ちに余裕があると全然違いますね^^


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 第 61回日本書道院「華甲」展
 会期:平成24年4月8日(日)〜15日(日)
 時間:午前9時30分〜17時30分
 ※ただし最終日は14時30分まで
 会場:東京都美術館(上野公園8−36)
  (上野駅公園口徒歩8分)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

書き込み追い込み(2012年03月01日)

 
土曜日が作品提出日。

展覧会の作品制作は提出ギリギリまで書くことが多く
明日も書く予定ですが、前日ギリギリに慌てふためく
ことはしたくないので今日仕上げてしまう予定です。

明日は余裕の気持ちで一応書いてみるくらいな感じ。

ということで今日が山場です。

作品を乾かす場所が足りません…


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 第 61回日本書道院「華甲」展
 会期:平成24年4月8日(日)〜15日(日)
 時間:午前9時30分〜17時30分
 ※ただし最終日は14時30分まで
 会場:東京都美術館(上野公園8−36)
  (上野駅公園口徒歩8分)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

カテゴリー

エントリー

アーカイブ

トラックバック