ブログ

【第4回】実用書道教室(2012年03月23日)

 
第4回目の書道教室。

年度末ということもあり参加者はちょっと少なめです。

ずっとお休みしていると再び通うのがおっくうになるんだよなと
賞状の教室の最後の方、ほとんど通うことができなかったのを思い出しました。

そういう時って書道の時間を作ることさえも苦痛だったりするんですよね。
重荷とか足枷みたいな。

Mr.Childrenの終わりなき旅の歌詞に

░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░
難しく考え出すと 結局全てが嫌になって
そっとそっと 逃げ出したくなるけど
░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░

というフレーズがありますが、まさにそんな心境。

私も自分の時間が無くて筆を持てない時期もありましたが、
良い環境と理解のある師に恵まれて今日まで続けてこれたこと。

最近も月例の課題に全く手をつけられない月が多いです。
ブログを書いている暇があったら練習しろよとつっこまれそうですが。汗

私の師は会社員として働きながら書道を続けてきた人なので
書道は細く長く続けることを常々話されていました。

働いていると仕事が忙しいシーズンもあり
私自身も現在働きながら教室を行っているので
当然生徒さんも毎回出席できるとは思っていません。

続けて出れないかもしれないことを想定した各回ごとに
単発で終わるような内容にしています。
その方がお休みの後でもも来やすいかなと。

無理せず続けて欲しいなと思うこのごろ。

生徒として続けることの大変さ。
先生として続けることの難しさ。

笑顔になれる教室という場所。
理解のある師がいてくれたこと。

私が今まで続けてこられた理由かな。
次は私が師として変わる番かな。

環境と技術を提供する側のできることとして
できることはまだまだたくさんある。

教室を始めた者の責任として私は継続できるよう努力します。

生徒さん全員出席で顔を合わせられる日が楽しみですo(^-^)o

Comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Trackback

このエントリーのトラックバックURL

カテゴリー

エントリー

アーカイブ

トラックバック