ブログ

筆文字のフォントで印刷された賞状があったら(2012年05月24日)


久しぶりに賞状でも書いてみようかと。

筆耕で多い依頼は

●熨斗の表書きや名入れ
●宛名書き

ではないでしょうか。

私も普段は努めている会社で自社の社名等の名入れや
●●祝といった表書きなどを書くことがほとんど。
シーズンによっては宛名書きもあります。

で、時々見かける賞状はA4サイズのちょっと
高級な厚紙に印刷されたものがほとんど。

B5〜A4サイズの賞状は家庭用のプリンタでも
印刷が出来るくらい手ごろな大きさ。

なので、企業ではこのサイズの賞状の
形式は結構多いのではないだろうかと思ったり。

よくある文面なら数パターンですみそうなので手書きの
賞状をデザイン化できるんじゃないかと思ったりします。

印刷とはいえ手書き風、いや…筆で書かれた風?の
プリントだったらちょっと感動するかななんて。

なので、久しぶりにレイアウトして書いて
みようかなぁとレイアウトをしてみました。

むむむ。
主文の区切り方が難しいよパトラッシュ…


ちなみに、こだわる会社では手書きの賞状を
発注したりすることもあるようです。

実際に手書きのものを見たことがあるのですが
レイアウトや字の特長が気になってしまいました。笑

いま賞状書きの依頼があったら大変なので断ると思うけど…
ライトテーブルも持ってないし。笑


上手く書けたら教室の課練習題にしてしまお〜

金環日食(2012年05月21日)

 
朝電車から外を眺めていると夕立前のような空の暗さ。

職場最寄の渋谷駅に到着して外へ
出ると暗い理由が分かりました。

変わったメガネをかけて空を眺める人達。

「そういえば今日が日食か〜」

ということで、人ごみに混じって
メガネの代わりにデジカメを取り出してパシリ。

デジカメを買い換えた甲斐がありました。

携帯ではまず撮れない太陽の写真もばっちりです。

何か良いことがありそうですo(^-^)o

【第6回】実用書道教室(2012年05月19日)

 
開店休業。。。

生徒さんはみんな社会人のためシーズンによっては
忙しくて欠席者の多いときもあります。

流石に7時の開始時に0名だったので今回は少し驚きましたが^^;
途中から1名が来てマンツーマンレッスン。

私が生徒の立場のときは同じように師に
迷惑をかけていたのかなぁなんて思いました。

ちなみに生徒さんの半分くらいは実際にお仕事で
筆耕をされる機会のある方です。

残りの半分は書くことが好きだったり
綺麗な字への憧れなどが入会の理由のようです。

字は急には上達しないので細く長く続けて欲しいなぁと思うところ。
教室でも自宅でもよいので2週間に1回程度筆がもてるといいですね。

再会(2012年05月08日)

 
最近はFacebookでの再会ややり取りの機会が増えました。

Facebookの便利な機能に『知り合いかも』というものがありますが
それがきっかけで前の職場の先輩から申請が届きました。

私が新卒で入社をして寮に入ったときに
良くしてくださったやさしい先輩です。

前の職場では書道をやっていることは周りも知っていましたが
私の活動のことを知っていたのは実はひとりの先輩だけで
同期も含めほとんど話すことはありませんでした。

退職する年の春にやった個展の案内もその先輩だけ。
今思えばもったいないことをしたかなぁと。笑

でもこうして繋げてくれた縁を大切にしていきたいと思います。

人と人とをつなぐ架け橋のような前の会社のように♪

写真は先日の結婚式の時に持っていった祝儀です。

素敵なふくさをプレゼントしていただいたので
いっちょまえに使ってみました。笑

GW終了(2012年05月06日)

 
GWも残すところあと数時間になりましたね。

池上の休みはカレンダー通りでしたので4連休。
5日の昨日は前の職場の同期の結婚式があったので遠出はせずでした。

GW前半は天気もいまいちでしたが
5日は雲ひとつない快晴の空。

新郎新婦の門出にピッタリな1日でした。

辞めてからも付き合いのできる素敵な同期です。
また、同期の所属する部署の先輩や役員も出席していて
その方たちからも声をかけていただいたのですが
名前を覚えてくださっていたことがうれしかったです。

写真は結婚式の最後に参列者で空に放したバルーンリリース。
司会の方はバルーンフラワーと言っていたと思います。
初めての経験だったのですが青空に舞い上がる風船はとても素敵でした。


最終日の今日は夕方に雹が降っていましたね。
少し早い入梅の知らせでしょうか。

GW(2012年05月04日)

 
みなさまGWはいかがお過ごしですか?
私はこれと言って何もせず。

前の職場の同期の結婚式に出席する予定があるので
今年はのんびり過ごそうと無計画で突入。


さて最近ポメラを買いました。

以前からちょこちょこ物書きの機会があったのですが
その度にパソコンの前でインターネットの誘惑と戦いながら
行う効率の悪さと自分自身にがっかりしていまして
そんな時にポメラの存在を知りました。

文房具屋さんで以前から見かけてはいたのですが
当時はその存在の偉大さに気づくことも無く…

ただ文字を入力するというその点にしぼり
余計な機能を省き必要最小限に特化した
技術の結晶のような機械。

ターゲットを絞って機能を選択するところは
Appleの製品を思い起こさせます。

GWに入りカフェデビューをしてきました。
GWだからか店内は空いておりましてのんびり。笑

普段デスクトップのキーボードに慣れているため
キーピッチにまだ慣れていなくて誤入力が多いです。


今回購入したDM100は下記の点がポイント

●Bluetooth
●eneloop使用可
●稼動20時間以上
●国語・英和・和英辞書
●2画面編集モード

Bluetoothに関してはFTPでスマフォとの連動を
期待していたのですが、思ったように動作せず残念。

eneloopが使用できるのはうれしいですね。
eneloopの場合は連続25時間程度動作可能なようで
普通のノートPCよりもはるかに長くて助かります。

各辞書機能は同音異義語などに迷ったときに
サッと調べられるのでとても便利。

2画面編集モードはキーワードや項目などの目次を列記した
ものと、本文2つの画面見ながら作業をしたい時などにすごく便利です。

今回の機種ではこれまでのポメラの象徴ともいえた
2つおりのキーボードからストレートキーボードになりまして
キー入力の際の安定度はかなり増しました。

そしてそして、パソコンチックな画面なのにインターネットが
できないという部分が雑念を取り払ってくれるかのように
物書きへ集中させてくれます。

インターネットもできないただの入力機になんの魅力が
あるのだろうか と思っていましたがむしろそこが魅力。

広く浅くではなく、狭く深くという言葉がピッタリ。
ものづくりの奥深さを知りました。

カテゴリー

エントリー

アーカイブ

トラックバック