ブログ

勉強会とワールドカフェ体験(2013年01月28日)

 
昨日は勉強会がありました。

昨年学んだコトハナセミナーのサポートメンバーとして
今年はお手伝いすることになり、その勉強会です^^

学ぶ側からサポートする側へ。

昨年学んでいた時に先輩方が見せてくださった
素晴らしいスピーチを、今度は私が手本として
魅せる立場として参加するための勉強会。

その他、滞りなく運営をするための話等もありました。

サポートをすることで、私自身のスピーチにさらに磨きが
かかることはもちろん、イベントの仕組みから運営部分まで
学ぶことができるので私自身の成長にもつながります。

最近、協力して行う企画が多くなってくる中で
色々と躓くことも多くなってきました。

私自身の立場や環境が少しずつ変化してきたのかなと
個から集への転換の時期がきているのかなと感じます。

多分、コトハナのサポートもそんな思いが
届いて(引き寄せ?)現実になったのだと思います。


人前でスピーチをする機会があるけれど(増えてきたけど)
どうしたら良いのか分からないとか緊張して困っている方

(あ、コレ(↑)私がそうだったのですが)

コトハナセミナーはオススメです^^
初回はオープンセミナーとなっており、無料で受講できます。
気になっている方は、とりあえずのお試し参加がオススメです^^


勉強会のあとは、ワールドカフェ初体験です。

テーマについての話をブレーンストーミング形式で
話し合い、何度か席替えを行うというもの。
あらかじめ用意されている紙に、出てきた意見を
メモしながら、最後にメモをまとめて発表会。

グループワークで似たような経験はありましたが
久しぶりのこういった意見交換はとても新鮮でした。

テーブルホストも経験しましたが
未経験だったため、結構ぐだぐだでした。笑

次はもっと良いホストをしてみせるぞ〜


そんな充実の1日でした。


社会人向け書道教室、2月からスタートです。
興味のある方はこちらをご確認ください!

特別展を観にいってきました(2013年01月24日)

 
東京国立博物館で開催されている特別展「書聖 王羲之」を観にいってきました。

蘭亭序が盛りだくさんです^^

展示作品は全体的に線が肉厚でした。
十七帖あたりは特に。
書籍でみるよりもかなり。

なので、書籍を手本に筆で書くときは
かなり手本よりも線を太く書く必要があります。

碑文の場合は石を掘った人により字の雰囲気が
変わる点についても、理解はしていたけれど、
実際に実物を前に見るとさらに説得力が増しますね。

個人的には王鐸の作品もよかったです。

それから、礼器碑は線が細く強くて波磔に切れがあり
格式高い隷書の雰囲気でしたが、隣に並んで
展示されていた乙瑛碑の方が線が太くて迫力がありました。


かなりゆっくり観られたのがとてもよかったです。
おかげで立ちっぱなしで腰が痛くなって途中休み休み観ました。

11時過ぎに入館したのですが見終わったところ13時頃。
時が経つのも忘れるくらい充実の時間^^

1000年以上も昔に書かれたものが今になっても色あせることはない。
1000年経っても字は変わらないのです。

今と昔を繋ぐ唯一の鍵が書だと私は思います。

書の至宝の頃よりも空いてます☆

2013年初お稽古に行ってきました(2013年01月21日)

 
週末は2013年初めての稽古がありました。

私は自宅で練習をして行って添削をしていただく
だけのため、稽古という程でもないのですが
私にとっては月に1度の貴重な時間。

書道の情報交換をしたり、雑談をしたりな2時間。

こういうのが同世代だと話題になっているとか
新しい道具の話とかですね。
先日購入したLEDのライトテーブルの話などです^^

それから、先生の若い頃の書道の話を
聞いては色々質問をしてみたり。

添削時や教えてもらう際は師と弟子ですが
それ以外の会話の中身は友達みたいな感じです。

今回は年始ということで色紙をいただきました。
最近何かと物をいただくことが多いのですが、
弟子でもなかったらおいくら万円かかるのだろうかと
思うとちょっとゾッとします。汗


最近思うのですが

私は年配の方と話をする際にあまり緊張をしないのですが
その理由はこういう書道関連の方とのやり取りかなと思います。

会社では人事の仕事もしているせいか、
就活のアドバイスを聞かれることも多いのですが
私は違う世代の方との会話の機会を勧めています。

基本的に会社では違う世代の人達と一緒に仕事をしていきます。
職場やお客様も違う世代の方であることが多いと思います。

だからこそ、学校ではなく、バイト先ではなく、
違う場でのコミュニケーションの機会が大事なのかなと思います。

今年は昨年よりも筆を持つ時間を増やすことが目標。
ひとまず、展覧会の作品締め切りまではそちらに集中します^^

教室スペース見学(2013年01月20日)

 
2011年、12年と開催してきた書道教室ですがお世話になっていた
レンタルスペースさんが大盛況のため、隔週での予約が難しいとのこと。

別のスペースさんを探して三千里( ̄ω ̄;)

お陰様で素敵なスペースと出会うことができ、土曜日にスペースを
見学させていただきにいってきました。

リフォーム仕立てで、銀座駅・銀座一丁目駅からとても近いです^^
オープンしたてということでとても空いているとのこと。

本当ならお教えしたいところなのですが、予約制の教室と
させていただいている関係でお知らせすることができません。

折を見てご紹介させていただければと思います。


書道教室のご案内です。
こちらで2〜3月の日程のみご案内させていただいております。

4月以降はご案内は後日となりますが、8月頃まで隔週での開催を予定しております。

私の教室は少人数制、完全予約制となっております。
基本は1年間固定のメンバーですので、生徒さん同士も仲がよく
全員社会人ですので、書道意外でも色々と刺激があると思います。

よろしければ、ぜひぜひお問合せください。

特別展「書聖 王羲之」(2013年01月14日)

久々に見られるのかと思うとワクワクしてしまいます。
今回は何回足を運べるか^^

──────────────────

特別展「書聖 王羲之」
http://o-gishi.jp/

会期:2013年1月22日(火)〜3月3日(日)
会場:東京国立博物館  平成館
 〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
休館日:月曜日
 ※ただし2月11日(月・祝)開館。翌12日(火)は休館
開場時間:9:30〜17:00
 ※入館は閉館の30分前まで
 ※3月1日(金)は午後8時まで
観覧料(当日):一般1,500円/大学生1,200円/高校生900円
─────────────────────────────────
【主な作品】
 行穣帖 原跡:王羲之 筆
 蘭亭図巻-万暦本-:王羲之等筆
 楽毅論(越州石氏本) :王羲之筆
 定武蘭亭序(韓珠船本 ):王羲之筆
 臨二王諸軸:王鐸筆
 国宝 真草千字文:智永筆
 ※上記はnhkプロモーションさんのHPより
 http://www.nhk-p.co.jp/tenran/20121029_150709.html
─────────────────────────────────

スピーチ(2013年01月13日)

 
スピーチをしてきました。

コトハナを卒業して以来、人前で話す機会がグッと
減りましたのでとても貴重な機会です。

テーマは印象の良い字の書き方です。

私自身、ペン字・硬筆は苦手で人前で
書くことには今でも抵抗があります。

きれいな字を書けるに越したことはありませんが
書道をやっているだけに、何十年と書き続けてきた
字の書き方を直すのは簡単なことではないことがよく分かります。

でも、アンケート用紙や申込書など手書きで
書かなければならない機会があるのも事実。

字に対する苦手意識はおそらく理想が高いから。
一方で、自分自身の字の評価と自分以外の人を
評価する時の基準は違うのではないでしょうか。

そんな始まりから印象の良い字を書くための
ポイントについて紹介する内容です^^

何かの機会にカタチにできたらと思います。

ランニング始めました(2013年01月04日)

 
最近、周囲の方がマラソンをされている方が多く
運動不足な私も身体を動かそうということで
年末にマラソンシューズを購入しました。

きっかけは別の用途で購入したワコールのCW-Xに
ついていた京都マラソンの応募券です。

もしも当たったら春に京都マラソンです(^^;
そのため身体作りを急がねばということで走り始めました。

バスケットをやっていた学生の頃以来素年ぶりの訪れたB&D。

マラソンを走るためのシューズを探していることと
数年ぶりの運動になるため足の保護を優先した
シューズを探していることを店員さんに伝えて
靴探しを手伝っていただきました。

どうやら最近は足の大きさを正確に測る機械が
店内にあり、足の長さと幅を加味したピッタリな
シューズをチョイスしていただきました。

年末から早速履いてランを始めました★

ラン初日は快調だったのですが、2日目は
走り始めて1キロ程で左膝痛になり早速の静養…

いきなり始めたからでしょうか。
ひとまず身体を治してランを再開したいと思います。

もし、京都マラソン外れちゃったら
ハーフマラソンから挑戦したいです^^

本年もよろしくお願い致します(2013年01月03日)

 
喪中につき新年の挨拶は控えさせていただきます。
本年もよろしくお願いします。

年末から3が日は実家でのんびりしまして
4日からアパートに戻りますす。

今年は色々とやりたいことなどもあるので
おいおい計画をしていきたいと考えています。

取り急ぎ、本年もよろしくお願い申し上げます。

カテゴリー

エントリー

アーカイブ

トラックバック