ブログ

商業書道を拓く(2014年06月22日)

 
先日、ウェルカムボードを書かせていただきました。

提案用の作品候補をいくつか仕上げる中で、
バリエーションが少ないなぁと感じました。

壊し方、難しいですよねぇ。

年に1回くらい書のロゴ的なお話しがありますが、
なかなか採用されないことも多いです。

以前からコマーシャルカリグラフィーという世界が
気になっていて、その世界の第一人者とも言われている方の
書籍を手に入れることができました。

現代デザイン考 商業書道を拓く/上坂祥元著

もんの凄い勉強になります。

ひとつひとつの作品に強い意志(意図?)が感じられ
書作品とはまた全然違います。

形式や型にとらわれない書き方などは、
展覧会作品を書いているときにも必要な考え方。

しっかり生かしたいと思いますo(^-^)o

Comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Trackback

このエントリーのトラックバックURL

カテゴリー

エントリー

アーカイブ

トラックバック