ブログ

個人で仕事を受けることの大変さ(2015年02月12日)

 
先日、関東にいた時にお世話になった
ビジネスマナーの先生と食事をしました。

週末の真昼間っからワイン♪

その際に、以前から感じていた思いを伝えてみました。
愛の告白ではなく。笑

私が銀座で実用書道教室を始めたとき
苦労したのが集客でした。

あまり、がっつり募集をかけたわけではないので
当然といえば当然なのですが。

そんな中で会社という看板を背負わずに
個人で仕事をしていくことの大変さを痛感しました。

私はサラリーマンですので、会社目線でみたときに
個人に頼むことの不安って拭えないんですね。

だから、企業勤めから独立してやっていくことって
本当に大変なことだと感じたのです。

会社というブランドがあると取れる仕事はたくさんあります。
でも、個人で取れる仕事は信用がないといただけないのです。

個人とは無限の可能性がある反面
実績と信用と人脈がものを言います。


それを感じることが出来たのは、
自分が反対の世界を体験したから。

言葉で説明するのは簡単ですけど
これは実際に経験しないと分からないことだと思いました。

だから、独立してスタッフも抱えて働いている
そんな代表がカッコイイし素晴らしいと思いました。

そんなことを一方的に伝えたところ
相手の方、どう感じたのでしょうかね。笑

私の持っている引き出しで、
いつかお仕事をご一緒したいと
ささやかな目標になりました。
 

Comment

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Trackback

このエントリーのトラックバックURL

カテゴリー

エントリー

アーカイブ

トラックバック