ブログ

ライトテーブル<2013年末>(2014年01月13日)

 
昨年末も年賀状の宛名書きでライトテーブルが大活躍しました。

メーカーはこちらMUTOHのMLT-B4
2012年末の使用感はこちら

年間数回しか活躍しませんが、貴重ながら重宝しております。

一度に大量に書く機会は4回目になるのですが
最近はなれてきまして、ささっと書けるようになってきました。

当初は書道用のライトテーブルと迷ったのですが
LED製のものにしてよかったです。

表面がツルツルしているので下に敷くレイアウト用紙が
すべらないか心配していたのですがまったくそんな心配はなしです。

ただ、角度がないため、必要に応じて本を挟んだりして
自分で調整する必要がありますが、今のところは大丈夫そうです。

B4ですので大きめの賞状を書くときはちょっと辛そうですが
封筒やハガキ程度の大きさであれば全然問題なしです^^

これからも大事に使っていきたいと思います。

ライトテーブル使用レビュー(2012年12月24日)

 
先日購入したライトテーブルを使いました。

使用感はのひとことに尽きます。

というのも、宛名書きの時は宛名や住所を間違えないことは
もちろんすが真っ直ぐ書くということがとても難しいです。
そのため、毎回真っ直ぐ書くために目印を置いたり
するなど工夫をしながら書いていました。

そして、今回買ったライトテーブルを使用の際は(写真のように)
レイアウトを書いた用紙を下に敷いて書いていきます。
下に書き始め・終わりの位置と幅が透けて見えるため
住所・宛名の文字数を考えながら書くことのみに
集中できるのでもの凄く楽になります。

本音から言えばもちろん白紙の紙にまっすぐ
ビシッと書けることが理想ではありますが、
数十枚〜数百枚書かないといけない場合には
レイアウトの用紙+ライトテーブルは必須だと思いました。

1枚にかかる時間が全然違います。
レイアウトという注意点ひとつを気にしなくてすむだけで
こんなにもパフォーマンスが向上するとは思いませんでした。

私の購入したMUTOHのライトテーブルは角度が
つきませんが私は不便を感じず問題はありませんでした。
むしろ明るさの調節できる機能の方が重宝します。

買ってよかったと思える一品。先日もご紹介したとおり私が購入した
ライトテーブルはMUTOHのMLT-B4です。

書道用でも十分使用可能です。
大きさに関しては個人の用途によりますが
B4かA3サイズがオススメです。
大きさはもちろん、本体の側面に明るさ調節機能が
付いており、とても使いやすいです。
SLT-B4C/A4Cはリモコン側に明るさ調節機能あり)

サイズの目安としては下記の通りです。
●賞状をバリバリ書く人はMLT-A3N
●年賀状や封筒をメインで書く人はMLT-B4

大は小を兼ねると言いますが、今回はまさにその通りだと思います。
私は賞状書きは当面予定がないため、保管のことを考えて
MLT-B4にしましたが、スペースに余裕のある方は大きな
MLT-A3Nの方がよいかなと思います。

ということで、高い買い物でしたが非常に満足な第一印象です。

ライトテーブル(2012年11月10日)

 
年賀状のシーズンになりましたね。

毎年この時期にほしくなるものがライトテーブルです。

私が気づかなかっただけかもしれませんがこの2〜3年の間に
LEDタイプのライトテーブルの種類がいっきに増えた気がします。

普段賞状は書かないけれど長3や洋形封筒を書く機会は多いので
A4〜B4サイズのライトテーブルは1つあってもいいなと思います。

私が気になっているのは書道用ではなくてトレーサータイプです。

トレーサーの参考サイト。
http://mrks.fc2web.com/materials/tracer.html

紙が落ちないような溝が無いことが気になりますが、
そこは工夫でカバーできるかなと思いますので気にしない。

今年は本気でほしいなぁ><

写真は『アルティWILL B4』です。KAWACHIさんのサイトからいただきました。
http://www.kawachigazai.co.jp/item/trace.htm

ライトテーブル(2011年10月17日)

 
昨日、友人との待ち合わせの前に立ち寄った文房具屋。

そのお店にはトレース台の見本が置いてまして
豊富な種類に目が止まりました。

賞状技法士の教室に通っていた頃にその存在を知り
気になっていたものの、当時は大きさ・価格共に
合うものがなかったので見送りに。

賞状技法士のスクールが終わった今、普段の生活で
良く書くものは祝儀・香典・熨斗・宛名書きなど。

賞状サイズのライトテーブルでなくても十分なのです。
時が変われば好みも需要も変わるのですね。

結局、購入はしませんでしたが
何かの折にひとつ欲しいなと思いました。

ちなみに気になっているライトテーブルは
Trytec(トライテック)の
LED A4トレース台 薄型 透写台 トレビュアートレーサー

※写真はトライテック通販部さんのページより拝借しましたm(_ _)m

こちらの商品はトレース台なのですが、amazonの評価では好評のようです。
実際実物も確認していますがしっかりした作りでライト明るかったです。

筆耕の時は紙が落ちないように表面に溝があると
うれしいのですが、自分で工夫すればできるかな。

トレース台熱再びです。

初磨り☆(2007年02月26日)

土曜日、墨磨り機を初めて下しました。
磨った墨で展覧会用の作品を書き上げます。
今までは師の教室で墨を磨っていただいて書いていました。

ま新しい機械を準備。
墨をセットし、スイッチON!
何分ほど磨ったらいいのか分からないので、途中で墨の濃さを確認しつつ…
ついに出来ちゃいました!

幸先の良いスタートぉ〜と思ったのもつかの間…

ガシャッ
あ゛― ( ̄□ ̄|||)

磨った墨の入った硯をひっくり返して、半分近くを床にぶちまけるというアクシデント(泣)
幸先の悪いスタートです。

おかげで、水の分量と墨をする時間を大体把握できました。

肝心の作品はというと、書けた気がしない。

3時間ほど書いて腰が痛くなり…

さらに

3時間ほど書いて背中が痛くなり…

ギブアップ
初めて自分の墨磨り機で磨った墨ということもあり、失敗したくない緊張感と、
磨った墨なんだから絶対いい字が書きたいと思う見栄っ張りが頭の中で交錯してしまい結局だめでした。

磨った墨で書いたからって、急に良い作品ができるわけはないのですよw
っと自分にツッコミ(笑)

ほろ苦デビューです(>ω<)