ブログ

お買い物同行(2015年07月20日)


セミコンやその他でお世話になっている
シェリーさんがお買い物同行の記事を
アップしているのを見て
以前からちょっと憧れていました。


そして私もついに、お買い物同行
デビューの日がやってきました。


も・ち・ろ・ん
書道具です( ̄∀ ̄)

以前、筆ペン講座を受講された方の
練習用紙の購入に
同行させていただいただきました!

行ったのがこちらのお店。

書遊さんです。


購入されたのは写経の練習セット。

色々紹介させていただきましたが
悩んだ末に1つにされていたところは
流石だなと思いました。


私の経験上、
色々買っても続かないんです。

ですので、悩んだ末に
自分がこれなら続けられそう、と
洗濯された写経セットは
私的にはコツコツ続けるには
とてもよいお買い物だと思いました。

指導者についているわけでもなく
家でコツコツ練習するには根気が
いりますからね。

自分がこれなら続けられそう、と
そう思えることが一番大事です。


私も常々先生から言われていますが
自分ひとりで書けるようになることが
最終目標です。

自分の作品を
自分自身で指導者目線になって分析して
修正して、良い字を書き上げる。

教室の練習の時だけは上手く書ける。
でも、本番になると上手くかけない…

それでは意味がないのです。

教室ほどではなくても、
普段よりは上手くかけている、かな。。。
そのくらいのステップで十分なのです。

まずは、練習の成果を
少しだけ発揮できる。

そんなレベルを目指して
自宅練習を頑張って
いただきたいなと思いました(^-^)

お財布を新調(2014年11月23日)

 
お財布を買い換えました。

11/22から射手座の新月と聞き
色々新しいこと・モノのスタートには良い
ということで目標リストを作っております。

そんな中、財布の買い替えにも良いという
情報を得て、前々から新調を考えていたので
早速お店にGOしてきました。

はい、買うための良い訳です(笑)

これまで使っていた財布は2008年に買ったものなのですが、
昨年くらいから財布の端っこの加工してあるコバという部分の
消耗が気になってきていたので、買い替えを考えていました。

ショップで希望の条件を伝えたところ
今のシリーズにはないという話だったのですが
どうやら伝え方が悪かったようで
今使っている型のマチ付きのが〜と言いながら
財布を見せたところ一瞬で解決。

展示物の力恐るべしですね。

お陰で新調することができました。
今の財布も使えることは使えるので、手直しできるのかと
ダメもとで修理を聞いてみたら預かりになるとのこと。

6年使っていたとは思えない状態だそうで
修理できたらいいですね〜ということで店をあとにしました。

財布はお金の入口であり出口でもあるので
キレイな状態で使いたいという意識で
背伸びをして買った前の財布。

今回は札がたくさん入るように厚めにしました( ̄∀ ̄)
みなさまからの書道のご依頼、お待ちしております♪
 

荻野丹雪〜書とデザインのはざまで〜(2014年08月16日)

 
欲しかった本をamazonでゲットしました。

荻野丹雪さんの書とデザインのはざまでという本です。

この方、ウィスキーで有名な「響」のロゴを書いた方。

響いてますよねぇ…


20歳を過ぎてお酒を飲むようになってから
書道をやっていることもあってかお酒のラベルは
かなり気になっていました。

その中でもこの「響」という字はなんとも言えない
惹きつけられる個性があって。

ある本でこの文字を書いた方が荻野丹雪さんだ
ということを知りました。

写真を見ると、南アルプスの天然水のロゴも
書かれているようですね。


表現するってこういうことを言うんだなと思いました。


味のある雰囲気の字を出していきたいと思いながらも、
最近練習をサボり気味の池上です。スミマセン。

予定や暑さをいいわけにしないでしっかり書かねば。

おすすめ古本屋の紹介(2014年06月04日)

 

先日友人に京都を案内していただいた際に
この店、池上さんに絶対喜ぶと思う!と案内されたお店。

その古本書店の名前は竹苞書楼

タコ糸で綴じる昔ながらの本が凄くたくさん置いてあります。
その宝の山を見ているだけでお値打ちものなのはいうまでもなく…
実際のお値段は結構するのですが、稀少品であることを考えたら当然の話。

興味のある人しか立ち寄らないであろう店内では
押し売り的な接客も特になく、穏やかな時間が流れております^^

竹苞書楼の場所は下記になりますので興味ある方は是非是非。
〒604−8091
京都府京都市中京区下本能寺前町511

参考:
http://www.teramachi-senmontenkai.jp/shop/s06/s06btm.html
http://www.trip.kyoto.jp/spot/db/chikuho-syoro/

筆を購入(2013年12月23日)

 
条幅筆を1本購入しました。

11ミリ×650ミリの筆を使っていましたが
2×6尺の作品を書くときに、気分転換で少し太い筆で
書いてみたいと思うことが時々あるので、思い切って買って見ました。

筆はこちら宝研堂さん。

今浸かっているものと同じ筆の質で作れるのか
聞いてみたところ5万円はくだらないとか…

良い質の毛はナカナカ手に入らなくなってきているそうです。
10年前とは全然違うんですね。

新しい相棒君は時間をかけてゆっくり育てていこうと思います♪

ライトテーブルを購入(2012年12月19日)

 
ついについに以前から欲しかったLEDタイプの
ライトテーブルを購入しました。

あ、購入したのは書道専用のライトテーブルではありません。
正確には製図用やイラストレーターの方向けののトレース台です。

購入したのはMUTOHのMLT-B4

購入の決め手は下記の通りです。

 ●LEDタイプのライトテーブル
 ●ライトの明るさ調節が可能
 ●↑リモコンが本体側面にある
 ●B4サイズ

購入前は東急ハンズでいくつかのメーカーの
ライトテーブルの実物を見て、大きさ・明るさ等を
確認したうえで購入しました。

サイズはB4〜A3サイズで探していましたが
当面はA3サイズの賞状を書く機会はなさそうなことと
保管時のことも考えてB4サイズにしました。

B4と言いつつも天板はA3サイズあり
LEDライト部のサイズがB4というもの。
なので個人的にはB4で十分という気がします。

価格は楽天で約30,000円。(2012.12.19現在)

明るさの調節機能のないタイプですと半額程度の
ライトテーブルも販売されているのですが、
おそらく購入したら壊れない限りはホボ一生モノに
なると思ったため、ちょっと高いけどこちらにしました。

実際にMAXではちょっと明るすぎかなと思いましたので
調節機能が付いているものを買ってよかったです。

本体は結構作りがしっかりしています。
斜めに角度をつけられるスタンド等はありませんが
そのくらいはどうとでもなるので気にしませんでした。

購入前に書道をやっている人でLEDのライトテーブルの
レビューを書いている方を探したのですが見つからず…

とりあえず購入しましたの報告です。
使用しましたら使い勝手をレポしたいと思います^^

墨池(2012年11月04日)


書道用のプレスチックの硯を購入しました。

普段練習の際はたくさん書くため、墨液を使っています。

特に展覧会シーズンは締め切り前の追い込みまでは
大筆で墨液で大量に書くのでちょっとが小さくて辛かったので
以前から大きな硯が欲しいなということで購入しました。

購入したのは呉竹雲月硯です。

雲月硯はプラスチックタイプなので、洗うときも楽です。

私は磨った墨が残ったときはビンに溜めて後で
再利用しているのですが、余った墨を注ぐ口も
付いているのでとても便利です。

これで大きな筆で、快適に書くことができます^^

消しゴムはんこぺたぽん(2012年08月22日)

 
開明の消しゴムはんこぺたぽんを買いました。

9月の書道教室は2回で消しゴムハンコを作ります。

遊びでちょこっと篆刻は経験がありますが消しゴムは初めてです。
ということで、しっかり予習しなくては。

帛書墨(2012年07月13日)

 
先日、Facebookでペナントを書く際の滲みに苦労していることを書いたところ
開明から発売されている帛書墨(はくしょぼく)を紹介いただきました。

とりあえず、買うだけ買ってみたのですが試し書きはしていません。


帛書墨(はくしょぼく)の特徴は下記の通りだそうです。
開明さんのHPより拝借しました)

 ● 布書き専用に開発された液墨
 ● リボン・旗・幟の他、手書きのオリジナルTシャツなどの制作にお薦め
 ● 乾いた後は洗濯しても落ちません

書き心地が気になります。

ちなみに、今まで滲みやすい紙や布地に書く場合は主に2つと聞いていました。

 ★ 濃く磨った墨
 ★ ポスターカラー

私の通っていた日本賞状技法士協会の先生からは
上記の他に下記も使うことがあると教わりました。

 ★ サクラマット水彩(黒色)

そして今回加わった

 ★帛書墨(はくしょぼく)

使用するのがとても楽しみです^^


毎回、想像以上に書きづらくて凹むのですが(笑)
早く機会が訪れますように。

購入した祝儀袋(2012年02月19日)


先日購入してきた祝儀袋。

左が紙で右が布です。

布の質感は初めて。
どちらを使おうかなぁ^^

とりあえず両方に名前を書いてから考えようと思います。

******************
◆筆跡×整体ダイエットセミナー◆

http://hisseki-seitai-diet.on.omisenomikata.jp/
2012年2月 残席0(キャンセル待ち)
2012年3月 残席6
2012年4月 残席3
2012年5月 余裕あり
ご興味お有りの方は是非ご参加ください。

最近の祝儀袋は…(2012年02月13日)

 
学生時代の友人の結婚式に出席するのでお祝儀袋を購入してきました。

ちょうど渋谷に用があったので、何気なく東急ハンズの祝儀袋コーナーへ。
そこでビックリだったのが布でできたご祝儀袋が売られていたこと。

棚の半分は従来の紙タイプで、もう半分は布でできた祝儀袋。
(豪華なだけあって布は紙の2倍くらいのお値段でした)

包装には贈られた方は捨てずにずっとお使いいただけますと。

確かに祝儀の袋で豪華なものを一度きりで終わらせてしまうのは
もったいないと思っていたので、この発想は素晴らしい思いました。

ちょっと気になったのが『柄』です。

祝儀としての役目を終えてからハンカチとしても使えるとうたうなら
もう少しハンカチとしてのデザインも考えたほうが…とか思っちゃったり。

写真は個人的に結構気に入ったものだったのですが
自分が貰ったならハンカチとして使うのはちょっと勇気がいるなぁ。笑

とめはねっ 九巻(2012年01月08日)

 
年末に発売されたとめはねっの9巻。

書道の勉強をしてこなかった私は
知識も含めてすごく楽しい漫画です。

新刊の発売はあまり多くないのですが
毎年楽しみにしている本の1つです。

住所印(2011年12月14日)

 
みなさま年賀状は書いていますか^^

最近はパソコンでさささっと作ってしまうなんてことも多いですよね。
そんな私はもちろん1枚1枚手書きです。

しかしですね、年々書く枚数が増え今年は50枚近く…
なので、ちょっぴり楽チンをしようとこんなものを購入しました。

ゴム印 風雅印

自分の住所はこちらで省略です。
キャンペーン価格ではありますが1780円は魅力的です。

1〜2年のうちに引っ越すかもしれないので
引越しをしたら新たものを作り直さなくてはなりませんが
ひとまずこれで今年は少し楽になります。

とりあえずゴム印だけ届いたので早く
スタンプ台を買わねば。笑

**************************


2012.1.12
実用書道教室(2012)の生徒募集受付は終了しました。
お問い合わせいただきましたみなさまありがとうございました。

2012年の実用書道教室の生徒さん募集中です。
おかげさまで順調お申し込みをいただき、今日現在定員は残り2名となりました。
もし、迷われている方がいらっしゃいましたら早めにお問い合わせください。

正座椅子(2010年08月06日)

 
夏休みを満喫中のいけがみです。

今回は正座椅子の紹介です。

転職と合わせて千葉から埼玉へ引っ越したのですが、もろもろ買い揃える
ついでに以前から欲しかった正座椅子を購入しました。

購入したのはこちら
カルチェラタンというお店の藤正座椅子。です。

こちらのお店、創業が昭和58年で、偶然にも私の生まれた年と
同じなのがちょっとうれしかったりします。

書をする時は正座で書いているのですが、長時間の正座は足への負担が
かかることとまた、痺れてしまうので良いものがあればと探していたところでした。

私は身長が175cmで、中高と運動をやっていたので足は少し太め。
一般的に多く見かける両膝をそろえて座るタイプより椅子を両足ではさんで
座るタイプの方が 良さそうということで、今回このタイプをチョイスしました。

正座椅子は正直使ってみないと良し悪しが分からないため
とりあえず見た目(自分の体格に合うか)重視で!!!

商品情報をもう少し詳しく知りたくて、お店に直接電話をしてしまいましたが、
とっても丁寧に商品説明をしてくださいました。

実際に使用してみての感想ですが、もう3〜5cm高さがあるとちょうど良かったと思います。
椅子無しで正座をしたときと比べて、劇的に感じるくらい足への負荷は軽減されなかったので、
おそらく椅子の高さが私には合ってないんだろうなと。

問い合わせ時に対応してくださった方の話では慎重185cmの男性が使用しても
快適とのことでちょっと期待していたので、そこは少し残念だったかな。

品物はとても良くてオーダーも可能らしいので、機会があれば再度頼んでみようと思います。


正座椅子の効果ですが、私が実感しているのは下記2つです。

●足(特に膝)への負担軽減
●姿勢がよくなる

椅子は作りもしっかりしていて永く使用できそうです。


正座椅子を検討している方がいましたらぜひ参考にしてみてください。


Photo
カルチェラタンさんのHPより使用させていただきました

ミスの後のフォロー(2008年08月02日)

もう8月になったのですね。
毎年思うのですが、あっという間にこんな季節になってしまったよと。
それなりに年を取ってきた証拠でしょうか。笑


さて、先日。

ちょっと今住んでいるところからは距離があるので、普段は滅多に
行かない書道のお店へ行って筆と大きな紙を購入してきました。

紙は裁断をお願いしたので、届くのは翌日以降。
(裁断は紙を指定した大きさにカットしてもらうことです)

無事に紙は届いたのですが、裁断されたサイズが明らかに違いました。
縦と横のカットを間違えられていました。

届いた荷物の梱包を開ける前から、明らかに予定していた紙の
大きさからして、荷物のサイズはおかしかったのですが、改めて
確認をし、即お店に連絡を…

しようと思ったら営業時間が終わっていて電話がつながらない(;_;)
日中は仕事をしているから連絡はできないし、困ったなぁと。

とりあえず、裁断してもらったサイズの大きさが違う旨を
メモして返品しました。

紙は最初の店員さんに選んで貰って、裁断のサイズまで伝えて
いたのですが、筆を選ぶ時は違う店員の方が対応をしてくれて、
その方が会計まで対応をしてくださったのですが、どうやら裁断の
サイズがきちんと伝わっていなかったようです。


その後、無事にお店と連絡ができて、紙はちゃんと裁断し直して
送っていただきました☆

無事に届いた紙にはお詫びの手紙が添えられていて、ちゃんとして
いるお店だなという印象を受けました。

ミスは誰にでもあるので、そこは私はあまり気にしていないのですが、
その後の対応は非常に大事だと思うのです。

ミスの原因とかその辺りはお店のの事情なので、なんとも言えませんが
お店で最初に対応をしていただいた時に、年上の店員さんの多い中で
対応をしてくださった若い店員さんの姿が、会社で仕事をする自分と
印象がバッティングする部分があって、ミスの後の対応とかフォローの
部分とか、添えられていた手紙から気苦労とかその辺りの察しがついて
なんとなくいたたまれない気持ちになりました。

ここで書いてもどうにもなりませんが、店員さんがこれからも元気に
店頭に立って接客していってくれるようにと思います。

電卓(2008年06月11日)

今日は仕事帰りに無印良品へ。

電卓を買いました。

賞状のレイアウトの際にミリ単位の計算をするので
電卓が必要だったのですが、今までは携帯の電卓機能を
使用していてちょっと不便だったので買いました。

秋に受ける予定の賞状技法士の試験の時も電卓があった方が
いいと聞いたので、使いやすそうなものを探していました。

持ち運びに便利で四則計算ができればいいやと。
とりあえず

小さくて…
安くて…
スタイリッシュなものを!!!!!

スタイリッシュは必要ないですw

最初は電気屋さんで探していたのですが、ごついんですよ。
そんなに分厚くないのがよくて。

カード型だと使いづらいので名刺の1.2倍くらいの大きさの
電卓を探していたところ。
そんな今日、会社の備品を購入するためにアクスクルのカタログを
開いていたところ、無印良品の電卓が目に止まりました[写真]

あ、これ薄いんじゃないかな。

なんとなくの直感だったのですが、調べてみたところいい感じの
ようだったので、仕事帰りに無印へ。
で買ってまいりました。

色は白・黒・シルバーの3色あって、見た目でシルバーに決定。
本当は白が欲しかったのですが、墨を使うので汚れると困るので
白は止めておこうと。でも黒は嫌でシルバーに。

で、3つとも見本があって、販売用の商品は箱に入っているのですが
シルバーの模型の後ろにあった商品を手に取りレジへ。

が、なんとなくおもむろに箱を開けてみたら中は黒い電卓でした。
あぶないあぶない(ーー;)

箱を戻して今度は中身をしっかり確認してからレジで支払いを済ませました。
1000円以内で探していたので価格もぴったりでした。

スタイリッシュな電卓になったような気がしますが、それは気のせいです。

とてもいい感じで使いやすいです♪

水書用紙(2007年12月25日)

腕の調子がおもわしくなくて、あまり筆をもてていない晋翔です。

今、賞状書きの勉強をしているので小筆を持つ機会が多いのですが、
小筆を持つと腕が痛くなるし手は震えるので、ちょい凹み気味。

今日病院に行ってきて、半月後に検査、さらにその先に診察となりました。
長い付き合いになりそうです…(汗)

年の瀬に参りました(^-^;

そんな状況の中、先日初めて水書用紙を買いました。
水書用紙とは、紙が水に反応して水のついた部分の色が変化する紙の
ことです。

仕事帰りが少し遅くなると、道具の準備と片づけの時間を考えるとちょっと
墨を準備しての練習はつらい。そんな時に筆の感覚を忘れないようにする
ために数年前から買わなきゃなって思っていて、や〜と買えました。 笑

本当なら墨をつけて紙に書きたいけれど、私は昼間は会社員。
そんな悠長なことは言っていられませんw

でも、なんだか水のついた部分の色が変わるって楽しくて、字を書くどころ
ではなかったり…して♪

臨書(2006年11月24日)

墨磨り機をかいました☆

いまさら?ではあるのですが(汗)
使うなら良いものを使いたくて。
で、50000円ほどの出費。


親しい服屋の店長さんに、墨磨り機を買った〜って
言ったところ、究極の趣味だってつっこまれました(笑)

でも、これから長い付き合いになりそうです。
よろしくね〜(へωへ)


最近、気まぐれ作品ばかり発表していたところ
基礎もしっかり頑張りましょう!ってアドバイスされました。
見るに見かねて言ってくれたのだと思います。

基礎というのはいわゆる臨書のことを言っていて
書道における基本は私も臨書だと思います。

私も気まぐれ作品を書き始めてから、技術の足りなさを感じて
少し臨書を始めてみたものの、臨書と呼ぶには程遠いものでした。

とは言え、普段働きながら夜は仕事に関係する学校に通って
その合間に書道の勉強をやるというのは結構大変なこと。
「忙しい」と、自分に言い訳をしながら甘えてました。

作品制作は楽しくて、勉強になる部分も確かにあります。
でも、作品は日ごろの練習の成果を書にぶつけるもの。
未熟だから作品を書いちゃいけないというわけではないと
思うけれど、ちゃんとその意味を考えてやらなくてはいけない。

改めて、自分の未熟さを痛感しました。
もっとたくさん、臨書しよう、師にも見てもらおう。

今日の日を忘れないように書き残しておこうと思いました。
ちょっと反省日記でした。

筆吊り(2006年09月18日)

先日、ついに筆吊りを買いました☆

筆の本数も増えてきていたので、応急処置で作っていたキーホルダーで上から吊るす筆吊りでは掛けておくのがかなり見苦しくなってきていました。

以前から欲しかったのですが、値段をみるたびに高くて買えないなぁと先延ばしにしていましたが、今回は少しお安く買えるということになり思い切って購入☆
本当は自分で作ろうと思えばその方が安く出来たと思うのですが、半分筆吊りに憧れてもいたので、今回はどうしても買いたかったのです(笑)

買った直後の数日は、筆吊りを眺めながらひとりでにやけてしまいました(へωへ)
かなり危ない人ですw

良い物を買ったので長く使えそうです。一生使えそうかな。
大切に使おうと思います♪

和紙(2006年09月04日)

先日、和紙をはじめて買ってきて書いてみました。
機械漉きと手漉きのものを買ってきたのですが、機械漉きの和紙はちょっと薄手でもう少し試行錯誤が必要の様子。

なので今回は手漉きの和紙に書いたものをアップしました。
「素直」とかいてあります。
草書の字を少しアート風にアレンジしてみたつもりなのですが、ちょっと個性が足りない感じです。

和紙の表面の独特な質に早く慣れたいと思います^^
とはいえ、和紙ってお値段がちょっと高いですね…

箒星(2006年07月06日)

昨日、Mr.Childrenの新曲「箒星」(ホウキボシ)を買いました。
気がどことなくミスチル初期の頃を思わせるメロディー。
いつも思うのだが、よく毎回雰囲気を変えて色々なメロディーを描けるなと思うところ…
アーティストってすごいです。

7/1日に届いた万年毛筆。
万年筆ではなく、「万年毛筆」。
書くところが筆なのだ。(写真参照)
書道をやる私としてはぜひとも押さえておきたい一本。
「晋翔」って自分の雅号(書道用のペンネーム)入り。
大切に使うぞ。
そして、せっかくなので箒星って書いてみた♪

すこし、この万年(毛)筆でも練習しなきゃです@^^@

万年毛筆(2006年07月01日)

名前入り。
雅号で「晋翔」と入っています♪

カテゴリー

エントリー

アーカイブ

トラックバック