ブログ

筆ペン初級講座4(2013年08月26日)

 
筆ペン講座が無事に終了しました。

最後は祝儀・香典を本物の袋に
表題・名前・中袋に住所を書きます。

前回に引き続き、今回も本物の用紙に書くのは
ドキドキの時間だったのではないでしょうか。


私は添削をする際にあまり字について
細かく指摘をしないことにしています。

理由はいくつかあるのですが

個々の字は手本を見ながらある程度の練習量を
こなせば自然と上手く書けるようになります。

もちろん少しずつポイントはアドバイスをしていきます^^


個々の字以上に、実用書道の時は全体が大事。

字はそこそこ読める程度でよい。
(先に書いたとおりある程度練習をこなすと手本に近づいてくるから)

それに、意外と細かい失敗は受け取り側は見ていないことが多いです。

だから、全体感についての指導に時間を費やしますが
全4回でその点も感じていただけたら嬉しいです。

うまくまとまっていませんが
朝活にご参加いただきました生徒のみなさま
ありがとうございましたo(^-^)o

筆ペン初級講座3(2013年08月17日)


朝活筆ペン講座も後半戦に入りました^^
といっても、残り2回♪

いつもは私的にはドタバタですが
今回は時間的に余裕がありました。

ここのところ入門講座から始められた生徒さんが
グッと上手くなることがあって、凄く嬉しいです。

個人的に書道や筆ペンが上手くなることは
一輪車が乗れるようになることに似ているな〜と思っています。

最初は1〜2mで落ちてしまって、それが100回に1回くらい
5mくらいまで乗れるような偶然みたいなことが起きるんですね。

だんだんと5mくらい乗れる回数が増えてくると
ほんのたま〜に10m以上乗れるときが出てきて
気づくと、いつの間にか乗れるようになっている。

筆ペンも同じで、手本を見ながら書いているのに
最初は全然手本どおりに書けなくて、
それが練習していくうちに時々いくつかの字が
もの凄く上手く書けることがあったりして、
おっ、みたいなことがおきます。

それがある時、全体的にグッと上手くなる日が来る。

そうすると、その日の調子にも寄るけれど、かなりの確率で
上手く書けるようになるというのが私の印象です。

一輪車は自転車と違って、時々乗らないと乗れなくなってしまうので
そういう意味では、継続が大事なものであるとも言えると思います。


次回は最終回。

ワクワクな課題を準備して望みますo(^-^)o

筆ペン初級講座2(2013年07月30日)

 
あっという間に2週間が経ち…
朝活筆ペン講座2回目。

今回のメインとなる自宅住所の練習です。
できるだけたくさん練習をした方がよいため
2回目にもってきました。

賞状技法士講座の時に教わった内容に加えて
自分自身が実際に書きながら学んだことを加味して
解説をしました。

書き方を知った上で、イレギュラーに対応することと
知らないで書いてしまうのとはやっぱり違うなと池上は思います。

もちろん、100%正解の書き方というのは
ありませんので、一般的と(おそらく)言われている
いくつかの書き方のうちの1つのご紹介。

このあたりは経験しながら知ることの方が
圧倒的に多いため、伝えられるところと
感覚的に感じるしかない部分があります。


2回目も充実の1時間でした。

筆ペン初級講座1(2013年07月19日)

 
朝活筆ペン講座の初級編が始まりました。

入門編では自分の名前をしっかり書けるようになる
ということで、祝儀袋・香典袋・短冊に書く練習でした。

初級編は、自分の名前プラスアルファということで
自宅の住所や漢数字の旧字体表題などを書きます。

実用書道の場合は住所は横広に書かなければ
ならないことがほとんどのため、いっきに難しくなります。

とはいえ、年賀状の宛名書きでもやらない限りは
自宅住所以外に書く機会は多くありませんので
抑えるところを抑えておけば大丈夫です。

全4回ですが、結構ツメツメです。汗

渋谷朝活初級編。
全4回が始まりました!

筆ペン講座4(2013年07月10日)

 
7月1日が入門編最後の朝活講座でした。

飛び入りで素敵な先輩が参加してくださって
いきなりの課題で大変だったかと思いますが
と〜っても楽しい最終回でした。

筆ペンで自分の名前をしっかり書けるようになろう
がテーマの(あ…勝手に決めてるかも)講座です。

なので、最終回は本物の短冊・祝儀・香典に
自分の名前を書くことが課題でした。

本番用紙はそれぞれ1つずつのみ。
ドキドキです。

練習の成果を発揮できた人も
ちょっぴり失敗してしまった人も
どちらにしても良い経験だと思います。

自分が思っているほど周りは失敗した部分を
気にしていませんので、むしろ堂々と書くことが大事。
自分が他人の書いた字を見るときも同様だと思うのですね。
だから、自分の中の失敗は胸の内にしまって次の時に生かせばよい。
褒められたらそのまま素直に受け取ればいいと思います。

そんなことを感じてもらえたらいいなあと
思いながら、試行錯誤しながらの全4回でした。

なんだかんだいって教わったのは私の方だったりします。

次回2週間後に始まる初級講座、少しですが空席が
ありますので興味のある方はお声がけくださいo(^-^)o

筆ペン講座3(2013年06月17日)

 
筆ペン講座3回目。

後半戦です。

今回は、滲む紙に書く練習を。


筆ペンで名前を書くときによくやってしまいがちなのが
紙が滲むので書いた瞬間に焦ってしまい失敗するパターン。

ひと画目を書いた瞬間に滲んだら速度を上げるしかないですね。

穂先の水(墨)分をティッシュでとって応急処置もできますが
筆ペンのタイプによってはそれすらできませんので。

祝儀や香典袋は予備がないといったことも多いので
書くときには滲むかもしれない…と心の準備をしておくことが大事です。

それから、滲んでしまうと上手いとか下手とか
関係ないんじゃないかと個人的には思います。

もともと、誰からのものかが分かればよいわけなのですが
せっかく書くならかっこよく書きたいと思ってしまうのですよね。

そんなことを解説しつつ充実の1時間でした。

筆ペン講座2(2013年06月04日)

 
筆ペン講座2回目です。

第2回目からは実践寄りになっていきます。

入門講座は自分の名前を上手く書けるようになる
ということで目的が明確なため、生徒さんの上達も
もの凄く早いので、アドバイスのしがいがあります^^

毎回ワークも行っているのですが、
私の意図を理解されるのも早くてビックリです。

朝の1時間の集中、と〜ってもオススメです♪

筆ペン準備2(2013年05月09日)

 
朝活準備ちゃくちゃくと進んでおります^^

まとまった数の筆ペンが必要になり
初の筆ペンの箱買いをしてしまいました。

ぺんてる筆 中字
ぺんてる筆 うす墨

こだわるなら呉竹の筆ペンを使ってみたかったのですが、
一般的に購入しやすいのはぺんてるさんだと思いますので、
こんかいはぺんてるさんの筆ペンにしました。

こだわる人には呉竹をすすめてもよいのですが
扱っているお店の多さの点でカートリッジの交換などの
ことを考えると一般の人にはオススメしづらいのですね。

ぺんてるさんの筆ペンはアスクルさんでも
取り扱われていることもあり、職場などで購入する
際にもハードルが比較的低いかなと思いまして
今回はこちらの筆ペンを採用です^^

朝活現在6名のお申し込みをいただいております。
初回に向けてテキストの準備も着実に進んでおります★

筆ペン準備(2013年05月03日)

 
筆ペン講座の準備中です^^

瞬間的に世界で1番筆ペンを持っている人なのではないかと
思うくらいたくさん購入しました。

筆ペンは普通タイプやうす墨など数本を使用してもらう予定です。

池上の考えではありますが、メインの1本は必ず必要ですが
時々、メインの1本でど〜しても上手く書けない時がかならず
出てきます。

そういう時は、調子が悪いのを筆ペンのせいにして
気持ちを切り替えることにしています。笑

ということで、違うタイプの筆ペンを現在注文中。

教室で使用予定の筆ペンは下記の3種類です。
くれ竹万年毛筆 卓上(8号) / ブリスター
ぺんてる筆 中字
ぺんてる筆 うす墨

ちなみに、気になっている筆ペンはこちらです
くれ竹写経用筆ぺん毛筆かぶら90号 / セリース
美文字筆ぺん 毛筆中字 / 黒・セリース
極細毛筆【彩】ThinLINE 墨色


最近、筆ペンの種類が増えてきたのが凄くうれしいですね^^

スペース見学(2013年05月02日)

 
先日、朝活で利用させていただくスペースを見学してきました。

今回は筆ペン講座のため、
1人が使用するテーブルにある程度の広さが必要になります。

先方のご好意でお申し込みの人数によってお部屋を
変更いただけることになったので見学させていただきました。

お陰様で、たくさんのお問合せをいただいております^^
社会人になると意外と使用機会の多い筆ペンへの
要望がかなりあることが分かったことも嬉しい発見です。