ブログ

筆ペン初級講座4(2013年08月26日)

 
筆ペン講座が無事に終了しました。

最後は祝儀・香典を本物の袋に
表題・名前・中袋に住所を書きます。

前回に引き続き、今回も本物の用紙に書くのは
ドキドキの時間だったのではないでしょうか。


私は添削をする際にあまり字について
細かく指摘をしないことにしています。

理由はいくつかあるのですが

個々の字は手本を見ながらある程度の練習量を
こなせば自然と上手く書けるようになります。

もちろん少しずつポイントはアドバイスをしていきます^^


個々の字以上に、実用書道の時は全体が大事。

字はそこそこ読める程度でよい。
(先に書いたとおりある程度練習をこなすと手本に近づいてくるから)

それに、意外と細かい失敗は受け取り側は見ていないことが多いです。

だから、全体感についての指導に時間を費やしますが
全4回でその点も感じていただけたら嬉しいです。

うまくまとまっていませんが
朝活にご参加いただきました生徒のみなさま
ありがとうございましたo(^-^)o

筆ペン初級講座3(2013年08月17日)


朝活筆ペン講座も後半戦に入りました^^
といっても、残り2回♪

いつもは私的にはドタバタですが
今回は時間的に余裕がありました。

ここのところ入門講座から始められた生徒さんが
グッと上手くなることがあって、凄く嬉しいです。

個人的に書道や筆ペンが上手くなることは
一輪車が乗れるようになることに似ているな〜と思っています。

最初は1〜2mで落ちてしまって、それが100回に1回くらい
5mくらいまで乗れるような偶然みたいなことが起きるんですね。

だんだんと5mくらい乗れる回数が増えてくると
ほんのたま〜に10m以上乗れるときが出てきて
気づくと、いつの間にか乗れるようになっている。

筆ペンも同じで、手本を見ながら書いているのに
最初は全然手本どおりに書けなくて、
それが練習していくうちに時々いくつかの字が
もの凄く上手く書けることがあったりして、
おっ、みたいなことがおきます。

それがある時、全体的にグッと上手くなる日が来る。

そうすると、その日の調子にも寄るけれど、かなりの確率で
上手く書けるようになるというのが私の印象です。

一輪車は自転車と違って、時々乗らないと乗れなくなってしまうので
そういう意味では、継続が大事なものであるとも言えると思います。


次回は最終回。

ワクワクな課題を準備して望みますo(^-^)o

筆ペン初級講座2(2013年07月30日)

 
あっという間に2週間が経ち…
朝活筆ペン講座2回目。

今回のメインとなる自宅住所の練習です。
できるだけたくさん練習をした方がよいため
2回目にもってきました。

賞状技法士講座の時に教わった内容に加えて
自分自身が実際に書きながら学んだことを加味して
解説をしました。

書き方を知った上で、イレギュラーに対応することと
知らないで書いてしまうのとはやっぱり違うなと池上は思います。

もちろん、100%正解の書き方というのは
ありませんので、一般的と(おそらく)言われている
いくつかの書き方のうちの1つのご紹介。

このあたりは経験しながら知ることの方が
圧倒的に多いため、伝えられるところと
感覚的に感じるしかない部分があります。


2回目も充実の1時間でした。

筆ペン初級講座1(2013年07月19日)

 
朝活筆ペン講座の初級編が始まりました。

入門編では自分の名前をしっかり書けるようになる
ということで、祝儀袋・香典袋・短冊に書く練習でした。

初級編は、自分の名前プラスアルファということで
自宅の住所や漢数字の旧字体表題などを書きます。

実用書道の場合は住所は横広に書かなければ
ならないことがほとんどのため、いっきに難しくなります。

とはいえ、年賀状の宛名書きでもやらない限りは
自宅住所以外に書く機会は多くありませんので
抑えるところを抑えておけば大丈夫です。

全4回ですが、結構ツメツメです。汗

渋谷朝活初級編。
全4回が始まりました!

おふぃすと 2013夏号(2013年07月12日)

 
東急不動産発行の無料情報誌
おふぃすとに朝活が掲載されました。

春頃取材をいただきまして、その時は朝活開始前だったため
銀座で開いている書道教室にて雰囲気だけ撮影していただき
やっと形になりました。

掲載の効果があり、HPへの訪問と
お問合せを数件いただきまして感謝感謝です。

少人数開いている教室ですので
充実した個別指導を受けられることが魅力だと思います。

7月16日(火)から初級編が始まりますので
興味のある方はぜひお問合せください。

筆ペン講座4(2013年07月10日)

 
7月1日が入門編最後の朝活講座でした。

飛び入りで素敵な先輩が参加してくださって
いきなりの課題で大変だったかと思いますが
と〜っても楽しい最終回でした。

筆ペンで自分の名前をしっかり書けるようになろう
がテーマの(あ…勝手に決めてるかも)講座です。

なので、最終回は本物の短冊・祝儀・香典に
自分の名前を書くことが課題でした。

本番用紙はそれぞれ1つずつのみ。
ドキドキです。

練習の成果を発揮できた人も
ちょっぴり失敗してしまった人も
どちらにしても良い経験だと思います。

自分が思っているほど周りは失敗した部分を
気にしていませんので、むしろ堂々と書くことが大事。
自分が他人の書いた字を見るときも同様だと思うのですね。
だから、自分の中の失敗は胸の内にしまって次の時に生かせばよい。
褒められたらそのまま素直に受け取ればいいと思います。

そんなことを感じてもらえたらいいなあと
思いながら、試行錯誤しながらの全4回でした。

なんだかんだいって教わったのは私の方だったりします。

次回2週間後に始まる初級講座、少しですが空席が
ありますので興味のある方はお声がけくださいo(^-^)o

筆ペン講座3(2013年06月17日)

 
筆ペン講座3回目。

後半戦です。

今回は、滲む紙に書く練習を。


筆ペンで名前を書くときによくやってしまいがちなのが
紙が滲むので書いた瞬間に焦ってしまい失敗するパターン。

ひと画目を書いた瞬間に滲んだら速度を上げるしかないですね。

穂先の水(墨)分をティッシュでとって応急処置もできますが
筆ペンのタイプによってはそれすらできませんので。

祝儀や香典袋は予備がないといったことも多いので
書くときには滲むかもしれない…と心の準備をしておくことが大事です。

それから、滲んでしまうと上手いとか下手とか
関係ないんじゃないかと個人的には思います。

もともと、誰からのものかが分かればよいわけなのですが
せっかく書くならかっこよく書きたいと思ってしまうのですよね。

そんなことを解説しつつ充実の1時間でした。

筆ペン講座2(2013年06月04日)

 
筆ペン講座2回目です。

第2回目からは実践寄りになっていきます。

入門講座は自分の名前を上手く書けるようになる
ということで目的が明確なため、生徒さんの上達も
もの凄く早いので、アドバイスのしがいがあります^^

毎回ワークも行っているのですが、
私の意図を理解されるのも早くてビックリです。

朝の1時間の集中、と〜ってもオススメです♪

筆ペン講座が始まりました(2013年05月20日)

 
2013年の朝活、筆ペン講座がスタートしました。

部屋も新しくなり、内容も新たに始まりました。

今回も力が入っています。

内容は銀座の書道教室がベースになっていますが
1時間の講座ということもありポイント集中の内容になっています。

自分の名前を祝儀・香典・熨斗などに
しっかり書けるようになること。

私よりも年上の人生の先輩方が習いに来てくださっています。

全4回で

生徒さんが成長を実感できるように
期待以上の結果を出します。

生徒さんといっしょに成長(2013年05月19日)

 
明日から朝活がスタートします。

今回は筆ペン講座ということで、実用面の機会は多いのですが、
普段は自分や勤め先の社名くらいしか練習しない世界です。

また、書筆に慣れると筆ペンが書きにくくなるというのもあります。

市販されている筆ペンの多くは軸が太くて持ちにくかったり
毛が柔らかかったりして、筆とは全然違います。

でも、多くの方は私生活の中で筆をよく使う機会
といったら筆ペンが一番多いですよね。

そんな理由もあって以前から要望のあったジャンルですが、
なかなか気が進まなかったのも事実です。

今回初めて筆ペンの練習をまともにしました。

ひと月前からコツコツと。

やっぱりぜ〜んぜん上手くかけませんね…
筆のような指先の感覚とかが全然ないとです(―ω―;)

でも、銀座の書道教室を始めるときも
不安とプレッシャーでおもうように書けなくて
直前までスランプだったのを思い出しました。

実際に教えることで得られる気づきって思っている以上に多くて
体験を通して教えながら成長していくものなのかもしれない。

どーんと構えていきたいと思います。
寝坊しないようにだけ気をつけます!

筆ペン準備2(2013年05月09日)

 
朝活準備ちゃくちゃくと進んでおります^^

まとまった数の筆ペンが必要になり
初の筆ペンの箱買いをしてしまいました。

ぺんてる筆 中字
ぺんてる筆 うす墨

こだわるなら呉竹の筆ペンを使ってみたかったのですが、
一般的に購入しやすいのはぺんてるさんだと思いますので、
こんかいはぺんてるさんの筆ペンにしました。

こだわる人には呉竹をすすめてもよいのですが
扱っているお店の多さの点でカートリッジの交換などの
ことを考えると一般の人にはオススメしづらいのですね。

ぺんてるさんの筆ペンはアスクルさんでも
取り扱われていることもあり、職場などで購入する
際にもハードルが比較的低いかなと思いまして
今回はこちらの筆ペンを採用です^^

朝活現在6名のお申し込みをいただいております。
初回に向けてテキストの準備も着実に進んでおります★

筆ペン準備(2013年05月03日)

 
筆ペン講座の準備中です^^

瞬間的に世界で1番筆ペンを持っている人なのではないかと
思うくらいたくさん購入しました。

筆ペンは普通タイプやうす墨など数本を使用してもらう予定です。

池上の考えではありますが、メインの1本は必ず必要ですが
時々、メインの1本でど〜しても上手く書けない時がかならず
出てきます。

そういう時は、調子が悪いのを筆ペンのせいにして
気持ちを切り替えることにしています。笑

ということで、違うタイプの筆ペンを現在注文中。

教室で使用予定の筆ペンは下記の3種類です。
くれ竹万年毛筆 卓上(8号) / ブリスター
ぺんてる筆 中字
ぺんてる筆 うす墨

ちなみに、気になっている筆ペンはこちらです
くれ竹写経用筆ぺん毛筆かぶら90号 / セリース
美文字筆ぺん 毛筆中字 / 黒・セリース
極細毛筆【彩】ThinLINE 墨色


最近、筆ペンの種類が増えてきたのが凄くうれしいですね^^

スペース見学(2013年05月02日)

 
先日、朝活で利用させていただくスペースを見学してきました。

今回は筆ペン講座のため、
1人が使用するテーブルにある程度の広さが必要になります。

先方のご好意でお申し込みの人数によってお部屋を
変更いただけることになったので見学させていただきました。

お陰様で、たくさんのお問合せをいただいております^^
社会人になると意外と使用機会の多い筆ペンへの
要望がかなりあることが分かったことも嬉しい発見です。

5/20(月)より朝活筆ペン講座
名づけて朝waku!講座がスタートします。

興味のある方はぜひこちらをご覧ください。

取材(2013年03月29日)

 
水曜日は書道教室の日でしたがお客様が来られました^^
フリーペーパーで扱われる渋谷の朝活特集の取材です。

5月より始まる朝活の「筆ペン」講座の取材ということで
生徒さんに協力してもらい授業の風景を撮っていただきました。

大手不動産会社の関係者に5月〜6月に配布予定だそうで
1万部以上発行とのことなので、すごくありがたいです。
私のHPのURLも掲載いただけるそうなので反響が楽しみです★

ただいま、渋谷の朝活社会人向け朝活筆ペン講座お申し込み
受付中です。ご興味のある方はお声がけください@^^@

───────────────────────────

朝活には朝waku!(あさわく)というネーミングをつけています。
朝waku!には3つ意味があります。

朝waku! =  時間の「枠」 × 楽しさの「ワクワク」 × 仕事の「work」

───────────────────────────

朝活ラスト(2012年11月26日)

 
今日は最後の朝活の日でした。

最後の最後に 『魅せる』書き方のポイントを解説。

カッコよく書いちゃうぜ〜

なんてスギちゃん風に自信を持って@^^@

ひねらず〜 焦らず〜 ビシッと!

書く練習です。

最後はこれまでの1〜3回まで各回で
解説をしてきたポイントを合わせて書きます。


講座を行ってみて改めて感じたことは
いわゆる書籍で解説されているものは
ボリュームが多いなと思いました。

読んでみると、確かにその通りなのですが
100以上あるポイントを一気に取り入れられる
人はそういないでしょうし、実際は的を絞って
書いたほうがよいと思うのです。


ということで、いけがみチョイスによる
必要最低限のポイントのみで解説。

字を上手く書くのではなくて
全体感を整える書き方を重点的に解説しました。


と言っても、多分あちこちの書籍で書かれていることと
大きくは変わりませんが^^

字は

汚いよりは 綺麗なほうが
ヘタよりは 上手いほうが

よいと思います。でもその前に私は

綺麗さより、上手さよりも、読みやすさが大切だと伝えたい。

なぜなら字は、情報伝達手段なのですから^^
相手に伝わることが一番なのです。

朝活3回目(2012年11月21日)


ブログでの報告が少し遅くなってしまいましたが
先週の月曜日が朝活第3回目でした。

今回は字の書き方ということで
色々なパターンについての解説。

自身の経験から字の苦手な人にとっては
苦手な字を書くことがとても苦だと思います。

なので、苦手な字をそれなりに書けるようになることで
苦手意識が少しでも軽減されることが多いです。


また、個々の字よりもレイアウトの方がずっと大事です。
レイアウトについて気になる方は次回の講座にご参加ください。
(あ、上手い字講座をやるかは未定ですけど…)


今回は時間の都合で行いませんでしたが
私のよく行う褒めるワークをやると他の人目線で
アドバイスがもらえるので、意識を変えるきっかけになるかもと思いました。

こうしてブログに書いているだけで頭の中も整理されます^^
字も練習をすると頭の中が整理されるのです〜

写真は「立ち止まらせる字」をテーマに
思い思いの字をみなさんに書いていただきました。

朝活2回目(2012年10月29日)

 
今日は素敵な瞬間に立ち会いました。

今回のメインテーマのレイアウトだったのですが。

数パターンの書き方を試してもらい
自分に合った書き方を知ってもらいました。

ルールと言えば大げさですが
ちょっとしたポイントをおさえて書くだけで
まるで別人のような変わりよう(≧∀≦)

特別なことをしているわけではないのです。


体感&実感

実践&経験

そして

フィードバック

楽しく継続。
これに尽きます♪

渋谷朝活スタートしました(2012年10月15日)

 
年明けから準備をしていた朝活企画をスタートしました。

途中、色々とハードルにぶつかったり
することもありましたが無事にスタートしました。

今回の講座は『魅せる』手書きメモの書き方


朝とはいえ完全に学びの内容のため

1時間でコンパクトにまとめる

というのが講師の私の課題です。

社会人によくある悩みのひとつに字が汚いということ。
仕事などでは極力手書きの文字は控えたいところですが
実際の場面ではそうは言ってられません。

現在の字の書き方はほとんど変えずに
いくつかのポイントだけを注意して
全体を引き締める書き方を学びます。

パソコンが主流の時代に手書きの通信文書を使って
顧客獲得に成功せいている中小企業があることはご存知ですか?

手書きへの苦手意識が無くなったら
手書きの機会が味方になるかもしれませんね^^

本日は記念すべき第一回目。

0から1にする瞬間。

未経験による不安やストレスもありましたが
やっぱりカタチにしてみてよかったと思います。

残り3回で参加者に自信を持ってもらえる講座にしたいと思います。

朝waku!と年賀状講座のお知らせ(2012年08月11日)

 
朝活と社会人向け実用書道講座のお知らせです。


年明けから準備をしてきました朝活を10月から渋谷で始めます。

───────────────────────────
2012.10.15 募集終了


★手書きのメモに特化した内容です

パソコンが無いと仕事にならない時代となりましたが、
意外にも職場では手書きの機会は多いです。

・書類の補足にペタッと付箋紙
・電話の取次ぎのメモ
・お客様用の資料にひと言

などなど。

手書きの苦手な20・30代から、部下を持つ先輩の方々まで
いけがみ自身が職場で実践中の内容をお伝えします!

『魅せる』手書きメモの書き方

【全4回】
 10月15日(月)7:00〜8:00
 10月29日(月)7:00〜8:00
 11月12日(月)7:00〜8:00
 11月26日(月)7:00〜8:00

【会場】
 レンタルスペース糀屋箱機構 Creator's District 901
 150-0002 東京都渋谷区渋谷1-17-1 901

【アクセス】
 JR渋谷駅 宮益坂口より約徒歩10分

【定員】
 8名

【会費】
 1000〜1500円/回

【申込・問合せ】
 こちらからお願いします。


───────────────────────────
2012.9.30 募集終了
社会人向け年賀状表書きコース講座(2012)の募集は終了とさせていただきます。
お申し込み・お問い合わせいただいた方、ありがとうございました。

2月から始まった社会人向け実用書道講座が9月で終了しますが
10月・11月と4回の限定講座を開催します。
こちらはオープン講座となっており新規でお申し込みいただけます

社会人向け年賀状表書きコース講座(2012)

【全4回】
 10月 3日(水) 19:00〜21:00/2h
 10月17日(水) 19:00〜21:00/2h
 10月31日(水) 19:00〜21:00/2h
 11月14日(水) 19:00〜21:00/2h

【場所】
 東銀座(詳細はお問い合わせください)
 ・東銀座駅より徒歩3分
 ・銀座駅より徒歩8分
 ・有楽町駅より徒歩13分

【定員】
 7名

【申込・問合せ】
 こちらからお願いします。

お申し込みお待ちしております!!!

カテゴリー

エントリー

アーカイブ

トラックバック